年功序列は諸刃の剣 若手は「昇進できない」「長くいた者が偉い。正しい知識を主張しても聞いてもらえない」と不満

年功序列は諸刃の剣 若手は「昇進できない」「長くいた者が偉い。正しい知識を主張しても聞いてもらえない」と不満

勤続年数や年齢が重視され、賃金や役職に反映される、「年功序列」という人事制度。一定期間以上働くことで昇給や役職が確約される安心感がある一方で、最低限しか仕事をしない社員を生み出し、実力のある若手社員の昇進を妨げてしまうという負の側面もある。


企業口コミサイト「キャリコネ」には、年功序列の企業で働く人々の口コミが寄せられている。(※参照元 キャリコネ「年功序列」)


「よほどのことがない限りクビにならない。逆に、どれだけ成果上げても評価されない」




「年功序列なので、よっぽど評価が低くない限り上級職までは安定して出世することができるが、逆に、それまではどれだけ成果を上げても高く評価されることはない」(管理関連職 20代後半男性 正社員 年収420万円)
「年功序列だと思います。中途で入社された方も、出世に結びついていましたし、よほどのことがない限り、クビになることもないと思います」(総務 20代後半女性 契約社員 年収300万円)
「報酬額は非常に高い。但し、年功序列の文化があるため、どれだけ実力があっても早期に報酬が跳ね上がることはなく、優秀な人が転職してしまうリスクがある」(代理店営業 30代前半男性 正社員 年収1000万円)


よほど評価が低くない限りは必ず出世できるため、「将来の不安を取り除き、安定的に働ける」というメリットはある。企業にとっても「勤続年数や年齢というシンプルなデータで評価がしやすい」、「社員は長く働くことを目標に仕事に取り組むため、定着率も上がる」などの利点がある。

...続きを読む

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年8月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。