セクハラは「お笑い」なら許容される? 松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」とコメントし批判受ける

セクハラは「お笑い」なら許容される? 松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」とコメントし批判受ける
拡大する(全2枚)

8月12日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志さんが"セクハラの境界線"について持論を展開した。


番組では、日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏が女子アナにセクハラ発言をしたニュースを紹介。その際、松本さんが「この間、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、"ベッカムヘアーしてるやつ、まだ存在してるんじゃないか説"ってあった時、『女性がパッて下(着)脱いだ時、ベッカムヘアーみたいになってる人いるよねー』って言って……」と話し始め、



「横にホラン千秋がおって、『特にホラン千秋なんかそうじゃないか?』って言うたら、ホラン千秋に『殺すぞ』って言われました」


と過去に番組中でしたセクハラ発言に言及した。(文:石川祐介)


■「番組でお酒飲みながら女性ゲストと話すのに下ネタ一切禁止なんて成立しない」



普通ならセクハラ認定される発言だが、スピードワゴンの小沢一敬さんは「でも、ホランさんがツッコんだことによって、セクハラじゃなくなるじゃないですか?」と相手の女性の反応次第で、セクハラかどうかは変わってくると指摘する。


これに松本さんは「これは難しいところでね」と渋い顔を見せ、



「素人がね、こういうセクハラを使っちゃダメなんですよ。我々はセクハラ込みでトークするお仕事なので。それこそ『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)なんて、お酒飲みながら女性ゲストと話すのに下ネタ一切禁止なんて成立しない」


この記事の画像

「セクハラは「お笑い」なら許容される? 松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」とコメントし批判受ける」の画像1 「セクハラは「お笑い」なら許容される? 松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」とコメントし批判受ける」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク