働き方改革で言われる「生産性」の追求って本当に大事?「生産性を高めても付加価値は生まれない」

働き方改革で言われる「生産性」の追求って本当に大事?「生産性を高めても付加価値は生まれない」

8月20日放送の『モーニングCROSS』(MX系)に、作家の中谷彰宏氏が出演。中谷さんは番組で、働き方改革で注目される「生産性」という言葉について、生産性よりも「実際に大事なことは付加価値を作っていくこと」だと指摘した。


中谷さんは、付加価値は「便利、好き、そしてリスペクト」へと段階的に変化していくと指摘する。社会が発展途上だと、安くて機能が良いといった利便性が最大の価値になるが、その後発展していくにつれ、便利さの優位性は薄れていくと言う。(文:石川祐介)


「便利を極めて行くというのはAIなんです」




「好きって高級化していくんですよ。『車があったら便利』から『車が大きく見えます』みたいな。で、今度はビンテージカーとかみんなが持ってないとか、『俺はスカイラインを直しながら乗っている』みたいな、好みになっていく」


最近ではAIを活用し、労働者の生産性を高めようという風潮もあるが、「便利を極めて行くというのはAIなんです」と指摘した。


中谷さんによると、縄文時代の土器「火焔型土器」で、器の上部に4箇所飛び出ている部分に特に用途はなかったそうだ。当時の人々にとってこの突起は、利便性より一段階進んだ「付加価値」だったと言える。縄文時代は「古い」「遅れている」という捉え方をする人も多いが、付加価値の変化の過程を考えれば、この価値観は「ずれている」という。



「たった1人を代弁するという姿勢でないと付加価値は作れない」


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2018年8月21日の社会記事
「働き方改革で言われる「生産性」の追求って本当に大事?「生産性を高めても付加価値は生まれない」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    それじゃ社会では役に立たないんだよ。大事とかじゃなくて「当然」。

    0
  • 匿名さん 通報

    個人の利益に繋がらなければ、生産性は向上しない。共産主義国家が伸び悩んだのはこの為。生産ラインなど殆どの末端が時間給労働者である以上、給料以上の仕事など期待するだけ無駄である。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら