「世界一チャレンジしない日本の20代」に賛否 「それは日本が良い国だからでは」との反論も

「世界一チャレンジしない日本の20代」に賛否 「それは日本が良い国だからでは」との反論も
拡大する(全2枚)

武蔵野大学講師の舞田敏彦氏が、ニューズウィーク日本版に「世界一『チャレンジしない』日本の20代」と題したコラムを寄稿し、ネットで話題となっている。


内容は、日本の若者の中に価値観について聞いたところ「クリエーティブであるのは大切」「冒険や刺激のある生活は大切」と答える人の割合が、世界的に見て極端に低いと指摘するものだ。舞田氏は、この原因が社会的なものであると分析している。


「(若者の)冒険志向の低さは、失敗(道草)に寛容ではない日本社会の思想を反映している。(略)履歴書の空白期間をとがめるような社会では、若者の冒険志向は高まらない」


■たった1年の「空白」が生涯影響する日本社会



舞田氏は「新卒至上主義の採用」や「新卒一括採用」を具体例に、たった1年間の失敗や空白の影響で、生涯にわたって多大な不利益を被る現状を指摘する。


そして2010~14年の「世界価値観調査」を基に、20代の「クリエーティブ志向」と「冒険志向」が世界的に見て最低レベルであることを分布図で示した。同じ象限にあるのは、中東のイエメンや東欧のアゼルバイジャン、中央アジアのウズベキスタンなどだが、それらの国を引き離して日本は圧倒的に低い。


舞田氏は少子化で若者がますます希少化する中で、その人的資源の力を十分に活用することなしに「日本がイノベーション社会に進化することはできない」と警鐘を鳴らす。ネットではこの記事に対し、問題を若者だけに押し付けない分析に共感する声があがった。


この記事の画像

「「世界一チャレンジしない日本の20代」に賛否 「それは日本が良い国だからでは」との反論も」の画像1 「「世界一チャレンジしない日本の20代」に賛否 「それは日本が良い国だからでは」との反論も」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク