深刻な若者の献血離れ 「少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題」と日本赤十字社

深刻な若者の献血離れ 「少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題」と日本赤十字社

若者の献血離れが深刻だ。10~20代の献血者数はこの20年で半減し、それに伴って総献血者数も減少傾向にある。


日本赤十字社の広報担当社は「社会の少子高齢化に伴い、将来の献血基盤を支える若年層の献血率の増加が重要な課題となっている」と話す。同社は、女優の広瀬すずさんを起用した「はたちの献血」キャンペーンなどで若年層にアピールしているが、なかなか厳しい状況のようだ。


2027年には477万人の献血者が必要だが、今の数字を維持できるのか



20代の献血者数は1994年には209万人だったが、2016年には78万人にまで半減。10代の献血者数も93万人(1994年)から25万人(2016年)まで減少した。40~50代の献血者数は微増しているものの、総献血者数は662万人(94年)から483万人(2016年)にまで減少している。


今後、血液の需要が献血量を上回ってしまうことはないのだろうか。日本赤十字社によると、高齢者は輸血用の血液を多く使用することから、社会の高齢化進展に伴い需要は増加するという。


ただ、腹腔鏡下内視鏡手術など出血量を抑えた手術方法が近年発達し、一回の手術で必要な血液の量は減少。また400ミリリットル献血の増加で1人当たりの献血量も増加した。結果として、2027年に必要な献血者数は約477万人になると予測できるという。


2016年の献血者数は483万人。このまま献血者数を維持できればいいが、40~50代が高齢化し、若年層の献血者数が減少を続ければ、どうなるかはわからない。同社の広報担当者は、次のように話している。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。