6割の女性が「年下社員との接し方で悩んだことがある」 理由は「叱るのが苦手」「パワハラにならないか心配」

6割の女性が「年下社員との接し方で悩んだことがある」 理由は「叱るのが苦手」「パワハラにならないか心配」

エン・ジャパンは、9月12日に「年下社員との接し方」の調査結果を発表した。調査は今年7月~8月にインターネットで実施し、エン派遣を利用している30歳以上の女性ユーザー1215人から回答を得た。


「職場の年下社員との接し方で悩んだことがある」と答えた人は57%で過半数に達した。


■40代以上の4割が「ジェネレーションギャップを感じる」



具体的な悩みを聞くと、1位は「叱るのが苦手」(47%)、2位は「ジェネレーションギャップを感じる」(39%)、3位は「何を話していいかわからない」(36%)だった。以降、「嫌われないか心配」(24%)、「パワハラにならないか心配」(19%)、「褒めるのが苦手」(12%)、「後輩の相手をする余裕がない」(10%)と続く。


年代別に比較すると、30代の1位は「叱るのが苦手」(49%)、40代以上の1位は「ジェネレーションギャップを感じる」(43%)で、年代によって悩みの種が違う事がわかった。


■良好な関係を築くポイント「プライベートにはあまり踏み込まない」


年下社員とうまく付き合うコツは何だと思うかを聞くと、最も多かったのは「良いところを褒める」(72%)だった。「気持ちよく仕事に向き合って欲しいから」(34歳)、「良い所に目を向けるほうが、お互いに良好な関係を築けると思うから」(43歳)といったコメントが寄せられた。


次いで「プライベートにはあまり踏み込まない」(45%)だった。「仲良くなりすぎると仕事に影響が出ることもある。ある程度の距離を保つべきだと思う」(31歳)、「自分から話してくるまでは、あえてプライベートに関わることは聞かないようにしている」(44歳)といった意見が挙がった。


以降「優しく接する」(36%)。コメントには「質問しやすいと思ってもらうことで、後輩が1人で悩むのを防げるから」(33歳)、「優しく接したほうがコミュニケーションを取りやすいから」(40歳)という声があった。


その他に「業務の効率的な進め方を教える」(36%)と答えた人からは、「作業スピードが上がったほうが仕事を楽しめるから」(32歳)、「新しい知識を教えてあげることで尊敬されるから」(42歳)という意見が寄せられた。

あわせて読みたい

記事提供社から

「6割の女性が「年下社員との接し方で悩んだことがある」 理由は「叱るのが苦手」「パワハラにならないか心配」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    若い人は叱られ慣れておらず直ぐに権利だのハラスメントだの言ったり逆恨みもあるから怖い。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。