渋谷駅まで30分以内で家賃が安い穴場の駅 1R・1Kで6万円台、小田急線沿いが人気

渋谷駅まで30分以内で家賃が安い穴場の駅 1R・1Kで6万円台、小田急線沿いが人気

不動産・住宅情報サイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーは10月2日、「渋谷駅まで電車で30分以内・家賃相場が安い駅ランキング2018年版」を発表した。


1位は、小田急線の「向ヶ丘遊園駅」(神奈川県川崎市)。渋谷駅までの所要時間は24分で乗り換えは1回で済むが、ワンルーム・1K・1DKの家賃相場は6.0万円だった。向ヶ丘遊園駅は専修大学(生田キャンパス)の最寄駅で、学生や単身者向けの物件が豊富だ。区役所や警察署などの公共機関も駅から徒歩圏内にあり、深夜1時まで営業しているスーパーもある。生活しやすさが1位獲得の背景のようだ。


埼京線は渋谷駅改良工事に伴い利便性向上の予感



同率1位には小田急線、JR南武線の「登戸駅」(川崎市)がランクイン。快速急行の停車駅で、利便性が高く、下北沢で1度乗り換えれば22分で渋谷に着く。しかし家賃相場は6万円とリーズナブルだ。


3位はJR南武線の「久地駅」(川崎市)。乗り換えは2回で29分で渋谷に着き、家賃相場は6.1万円。川崎市にある駅がトップ3を独占した。


同率3位には、小田急線の「和泉多摩川駅」(東京都狛江市、家賃相場は6.1万円、渋谷駅まで乗り換え2回で24分)、5位は京王線の「京王多摩川駅」(東京都調布市、6.2万円、2回で29分)、6位には小田急線の「狛江駅」(狛江市、6.3万円、2回で22分)が続いた。上位6駅中4駅が小田急線沿線の駅だった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年10月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。