マツコ・デラックスが「名前負け」のリスクを語る 「だって大きく翔ぶって書いてヒロトでしょ?」

マツコ・デラックスが「名前負け」のリスクを語る 「だって大きく翔ぶって書いてヒロトでしょ?」

「やっぱり太郎とか花子っていう名前にしてたのって、ホントに正しいと思うの!」


最近流行りのキラキラネームについて、12月7日の「5時に夢中!」で熱くこう語ったのはマツコ・デラックスだった。番組は、生保会社の調査による恒例の「生まれ年別の名前調査」の記事を紹介。それによると、今年の人気の名前は以下と発表された。


男の子は、1位が「大翔」(読みはヒロト、ヤマト、ハルトなど)、2位が「悠真」(ユウマ、ハルマ)、3位が「陽太」(ヨウタ、ヒナタ、ハルタなど)、4位が「蓮」(レン)、5位が「湊」(ミナト、ソウ)というランキング。


女の子は、1位が「葵」(アオイ、ヒマリ、アオ)、2位が「陽菜」(ヒナ、ハルナ、アキナ)、3位が「結衣」(ユイ)、4位が「さくら」、5位が「凛」(リン)だった。(文:みゆくらけん)


■ペットの犬も「アレキサンダーのくせに、ってなるじゃない!」



特に女の子では植物に関連する字を使った名前が目立ち、一時期ほどのキラキラ(ネーム)具合は減ったかと思いきや、マツコからすればこれでも充分なキラキラ具合だったようだ。


「だって大きく翔ぶって書いてヒロトでしょ?これって私の中では相当変化球だけど」


としながら、「名前負け」の悲劇について熱弁した。


「これでさぁ、名前に合った人になったらいいよ。たとえば葵という名前のドブスになったらどうすんの? そこまで考えて付けてあげないと」


マツコは隣に座る若林史江に「あんたフミエっていう名前でよかったわよ」と話を振り、フミエの割にはモダンな感じに仕上がっていると褒めた。アシスタントの内藤聡子に対しても「サトコでよかったよ。サトコぐらいでよかったって!」とコメントした。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2015年12月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら