ハロウィン騒動で渋谷のラーメン店「券売機を壊された」 カメラ映像公開で犯人が謝罪に「券売機は300万円。記憶はないとのこと」

ハロウィン騒動で渋谷のラーメン店「券売機を壊された」 カメラ映像公開で犯人が謝罪に「券売機は300万円。記憶はないとのこと」

例年、ハロウィン時期となると仮装した若者でお祭り騒ぎとなる渋谷。今年も逮捕者が出るほどだったが、道玄坂にあるラーメン屋「真武咲弥」渋谷店は10月28日、ツイッターで「店の券売機に水を流して破損させた人がいる」という投稿をした。


同店は券売機付近に監視カメラを設置しており、犯行時間は28日朝4時30分頃としている。ツイートに、監視カメラが捉えた、券売機にペットボトルの水を流し込まれる映像を添付し、



「この団体の1人が券売機にお水を流し込み券売機が壊れました 券売機はお札を入れる所であり、お水を入れる所ではありません怒 仲間が写っているなら謝罪に来るように伝え下さい 被害届は棄却するので!逮捕される前に」


と投稿した。


■「ツイッターを観た人の知人が犯人で、指摘されて謝罪に」 負担額は最大180万円程度



翌29日、ツイッターに「犯人が本日朝、謝罪に来ました」とした上で「券売機の賠償はすると約束し、被害届は取下げました」と事態は収束しつつある旨を投稿。同件についてキャリコネニュースは同店を運営するサムライヌードルの代表取締役で店主の奥村宗弘さんに話を聞いた。



「ツイッターの動画を観た人の中に、犯人の知人がいました。『これお前じゃない?』と見せられ、本人もびっくりして謝りに来たようです。この時のことは飲酒をしていて『記憶がない』とのことでした」


被害届を取り下げたため、現在、販売機を破損させた当人と直接やりとりをしている。破損した券売機は約300万円程度の機種で、簡単な修理であれば40~50万円、全損だと180万円程度の費用となる。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年10月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。