港区・白金台の保育施設計画に「公園なくすな」と反対運動 「住民が本当に恐れているのは道路建設の遅れ」と関係者

港区・白金台の保育施設計画に「公園なくすな」と反対運動 「住民が本当に恐れているのは道路建設の遅れ」と関係者

港区が、来年4月の開設を目指していた臨時の保育施設を、一部住民からの反対を受け延期した。


区は、都営三田線・東京メトロ南北線の白金台駅から徒歩4分のところにある「白金台3丁目遊び場」に、待機児童問題の緊急対策として「白金台保育室」を作る計画だった。30日放送のフジテレビ「とくダネ!」、「グッディ!」で報道された、今月5日に開かれた住民向け説明会の音声では、保育室開設に関する区の説明の不十分さを糾弾する声や、「この場所に作らなくてもよいのではないか」と、代替地を求める声が多く出ていた。


港区は今月、南青山の児童相談所開設が周辺住民から反対を受けたことで注目されている。ネットではこの情報と合わせ、「港区は子どもに冷たい」という声も多く出ていたが、キャリコネニュースが関係者に取材したところ、報道で広まっている印象と現状にはやや乖離がある可能性も見えてきた。


建設費用2億7000万円「今ある子どもたちの遊び場を潰してまで作る必要があるのか」



フジテレビの報道では、説明会で反対住民から上がった声として、



「樹齢100年以上の木を伐採してほしくない」
「公園に設置してあるトイレがなくなると高齢者が困る」
「今ある子どもたちの遊び場を潰してまで保育施設を作る必要があるのか」


などを紹介していた。大きな論点として上がったのは、施設の利用期間の短さと建設費用の高さだ。


白金台保育室が建てられる予定の「白金台3丁目遊び場」の土地は、2023年には環状4号線が通ることが計画されている。道路開通に合わせ保育室は閉鎖する必要が出る。道路計画が変わらなければ、施設を使えるのは最大でも4年程度になる。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2018年10月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。