失踪実習生の調査、法務省の集計ミスを弁護士らが批判 「事実を歪曲するもの」「技能実習制度の廃止を強く求める」

失踪実習生の調査、法務省の集計ミスを弁護士らが批判 「事実を歪曲するもの」「技能実習制度の廃止を強く求める」
拡大する(全2枚)

外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、入管難民法の改正が議論される中、法務省が失踪した技能実習生に関する調査の結果に誤りがあったと認めた。


それを受けて、外国人技能実習生問題弁護士連絡会は11月20日、法務省に抗議し、技能実習制度の廃止を求める声明を発表した。同連絡会は、実習生の救済に取り組む指宿昭一弁護士らが中心のグループ。


「低賃金」を「より高い賃金を求めて」と言い換え



法務省は、失踪し、不法残留等で検挙された技能実習生2870人を対象に調査を実施した。山下貴司法相は、失踪の動機は「より高い賃金を求めて」が約87%に上ったとしていた。


しかし実際の質問表では、失踪の動機について「低賃金」「低賃金(契約賃金以下)」「低賃金(最低賃金以下)」「労働時間が長い」「暴力を受けた」「帰国を強制された」「保証金・渡航費用の回収」「実習実施後も稼働したい」「指導が厳しい」「その他」の10項目が設けられていた。「より高い賃金を求めて」という選択肢は、設けられていない。


そして失踪の動機を正しく集計し直すと、「低賃金」「低賃金(契約賃金以下)」「低賃金(最低賃金以下)」と回答した人が計1929人で67.2%に上ることが明らかになった。


同連絡会は、調査結果の誤りについて、こう批判している。



「言うまでもなく、『低賃金』を理由に失踪する者の中には、最低賃金を大幅に下回る賃金しか支払われず、長時間、あるいは休日のない連続勤務を強いられたため離職せざるを得なかった者もいるのであり、『より高い賃金を求め』たとして、あたかも利欲的な意図から失踪したと捉えることは事実を歪曲するものである」


この記事の画像

「失踪実習生の調査、法務省の集計ミスを弁護士らが批判 「事実を歪曲するもの」「技能実習制度の廃止を強く求める」」の画像1 「失踪実習生の調査、法務省の集計ミスを弁護士らが批判 「事実を歪曲するもの」「技能実習制度の廃止を強く求める」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク