『THE IDOLM@STER』は、2011年7月にアニメ化され、2014年1月には映画化するほどの人気を博しました。もともとアニメ化が困難である作品と言われていましたが、アイドル達の群像劇とし、これを脱することに成功しました。
アニメは、ゲームの内容を踏襲しつつも、「全く別のもの」(登場人物はTHE IDOLM@STER2を踏襲)となっております。今回はその中のメインキャラクターの一人、「星井美希(ほしいみき)」の魅力に迫ってみようと思います。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■金髪アホ毛の眠り姫

 星井美希は、天才肌でダンスも歌も卒なくこなすが面倒くさがり屋、というなんともマイペースなキャラクターです。しかし、本気になるとどこまでも真摯に取り組みます。
また、恋愛には一途で、好意を隠したりせずひたすら尽くすタイプらしく、途中からプロデューサーのことを「ハニー」と呼ぶようになったりも(羨ましい)。

 また、基本的に寝ている事が多く、事務所にいるときはほとんど寝ています(かわいい)し、楽屋でもよく寝ています・・・が、ライブになると眩しく光り輝く、そんなアイドルなのです。(もしかしたらあのアホ毛は寝癖!?)

■最高レベルのルックスと小悪魔的な天然さ

 星井美希は、作中でもかなりのルックスの良さを誇っており(ゲームでも最高レベルのビジュアル)、彼女が歩くだけで人だかりができてしまうほど。みんなと海に行った時も彼女だけがナンパされ、それを軽くいなしていた場面があります。彼女は人(男子)を魅了する天性のカリスマ性を持っているようですね。しかも天然。
何も知らない男子は簡単に手玉に取られてしまいます。結局、彼女をナンパした男子たちは、海を泳がされた上に食べ物も取られるという悲惨な目にあっているわけですが、まあ仕方ないでしょう。

■徐々に好きになっていくキャラ?

 この星井美希というキャラクターは、(私からしたら)ギャップの塊でした。才能があるけど怠け者・・・というだけなら正直あまり魅力を感じません。しかし、この星井美希というキャラは違いました。とにかく目が離せないのです。


 最初、彼女は「楽をして生きていたい」と考えていましたが、「苦しくて辛いことがあっても、それを越えるワクワクがある」事を知り、最後には「挑戦していく」キャラに変わっていきました。そこから彼女は、アイドルという仕事に真摯に取り組むようになっていきます。

 そんな真摯に、ひたすら一途に頑張る彼女から目が離せないのは、おそらく「これから更に魅力的になっていくキャラだから」なのでしょう。見るたびに新しい魅力を増やし、子供から大人になっていく・・・。幼虫から蛹になりそして蝶になって羽ばたく、そんな過程を見ているようで、その変化や成長、そして期待感こそが「星井美希」の魅力であり、だからこそきっと目が離せないんだろうなと思うのです。

 終わりに、私にはTHE IDOLM@STERの中に嫌いなキャラはいません。
各キャラにそれぞれ好きな部分や魅力があり、作品自体にもそういった面白さがあります。もちろん本筋のストーリも魅力にあふれています。アニメはもう終わってしまっていますが、THE IDOLM@STERは、やっぱり“一見の価値あり”です。是非、ご自分の目で彼女たちの魅力を存分に味わってみて下さい。

【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】

★記者:たこわさ(キャラペディア公式ライター)

(C)BNGI/PROJECT iM@S