【アニメキャラの魅力】長年の片思い!翼くんの最大の理解者あねごこと「中沢早苗」の魅力『キャプテン翼』
拡大する(全1枚)
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京
 80年代を代表するスポーツアニメ『キャプテン翼』。この作品によって、日本のサッカー人口は一気に20倍にも膨れ上がった、という説もあります。日本のみならず、世界中でアニメ放送され、その放送地域は、名作『ドラゴンボール』の倍以上です。単行本の売り上げも5000万部を超える大ヒットとなりました。サッカー界に与えた影響はすさまじく、作中、主人公の大空翼くんがFCバルセロナに入団した際は、バルセロナで入団セレモニーが行われ、レアルマドリードCFのオーナーは「なぜ翼はレアルに入団しないんだ」と公式発表するほどでした。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■団長さん、一目ぼれする。

 本作の、メインヒロイン「中沢早苗」は、主人公である大空翼くんの小・中時代の同級生です。3人しか在籍していない南葛小学校応援団の団長で、みなからは「あねご」の愛称で親しまれていましたが、突然グラウンドに現れた翼くんのプレイに魅了され、「小さくてかわいい」「その上サッカーうまい!」とあっという間に一目ぼれします。

 「南葛小サッカー部応援団長」だったはずですが、その日から「大空翼くん応援団長」にくら替えし、おそろしいほど猛アピールし、猛烈に応援しまくります。「翼く~~~ん。今日も燃えてるか~い!」と大声をあげて応援する姿は爽快です。

 しかし、時に横暴な一面もみせます。対明和FC戦を観戦するためにヒッチハイクしようとして失敗。舎弟二人に「車にひかれなさい。そうすればとまるから」とご無体なことを言うのです。しかし、それもこれも、翼くんを応援したいという気持ちの表れなのです。ちなみにこのころは翼くんには「団長さん」と呼ばれています。