【アニメキャラの魅力】いろいろ秘密がありすぎ!?エロカッコいいモテ男子「高倉冠葉」の魅力『輪るピングドラム』

【アニメキャラの魅力】いろいろ秘密がありすぎ!?エロカッコいいモテ男子「高倉冠葉」の魅力『輪るピングドラム』
拡大する(全1枚)
(C)ikuni chowder pengroup
 賛否両論といえばこの作品。鬼才幾原邦彦監督の話題作『輪るピングドラム』。創元推理短編賞で入賞した伊神貴世さんが共同脚本を務めただけあり、ミスリードにつぐミスリード、我々を大いに混乱させてくれる、謎解き大好き、ミステリー大好きな人間にはたまらない作品でした。その主人公、高倉兄弟の兄の方、赤毛の方、ちょっと悪い方、そしてモテる方が「高倉冠葉(たかくらかんば)」です。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■とにかくモテる

 都立外苑西高校に通う高倉冠葉は1995年3月20日生まれの16歳。とにかくモテる男です。伏し目がちで、憂いがあるからでしょうか。女性の扱いに長けており、紳士的かつ、(適当に)大人の対応、そして心はクール。熱くなれないホストタイプの男で、女なんて遊び相手としか思っていません。弟妹には「女にだらしないばっちい冠葉菌」とまで言われています。

 声がジャイ○ンだというのに、ジャ○アンが逆にカッコよく見える始末です。しかし、本命である義妹の陽毬に対しては、頬を赤らめるかわいらしい一面も。そして、命をかけて何度も命をたすける熱い男に変身するのです。

■家族を愛し、愛のためには悪にもなる

 冠葉のカッコよさは、ダークな部分と家族を思いやる心にあります。冠葉と夏芽真砂子は「幼いころから知り合い」と劇中では言われていましたが、実際のところは双子の兄妹です。

 冠葉と真砂子は巨大企業・夏芽ホールディングスの一族。父は、「ピングフォース(企鵝の会)」に没頭し、祖父に冠葉とともに追い出されています。父の死後は、同志であった、高倉剣山と千江美の家に養子に入り、高倉家の実子である高倉晶馬と兄弟として分け隔てなく育てられました。

当時の記事を読む

キャラペディアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク