【アニメキャラの魅力】正義の味方になりたかった男!魔術師殺し「衛宮切嗣」の魅力とは?『Fate/Zero』

【アニメキャラの魅力】正義の味方になりたかった男!魔術師殺し「衛宮切嗣」の魅力とは?『Fate/Zero』
拡大する(全1枚)
(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC
 大人気ノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンオフ作品である『Fate/Zero』。それは破滅の物語です。7人の魔術師がマスターとなり、7つのクラスのサーヴァントを召喚して争う聖杯戦争を軸にストーリーが展開されます。そしてこの物語の中心として据えられたのが、今回ご紹介する「衛宮切嗣」です。

 魔術師らしからぬ装備と、独自の魔術、信頼できる部下という三つの武器を有する切嗣。聖杯戦争において彼は、セイバーと妻・アイリスフィールとは別行動を取りながら戦いに臨みます。正義の味方を目指した男「衛宮切嗣」とは、一体どんな魅力的なキャラクターなのでしょうか?

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■異端なる正義の味方

 魔術師らしからぬ装備で戦いに臨む衛宮切嗣の戦闘スタイル。劇中でも複数の銃器、プラスチック爆弾、クレイモア対人地雷と現代的な武器を多用します。そして彼と共に戦う女性が久宇舞弥。切嗣にとって、必要不可欠な武器たる彼女は、戦いの裏で様々な工作を施していきます。

 部下と共に武器を使い戦う切嗣ですが、勿論魔術も行使します。代表格が『固有時制御』。それは衛宮家に継がれてきた魔術に独自のアレンジを加えた術です。本来の用途とは異なり、戦闘用に特化させたこの魔術。劇中で切嗣は己の反射速度を上昇させる、心肺機能を意図的に低下させるなどの荒業をこなしていきます。無論ノーリスクという訳ではなく、使用する度に彼の肉体にとてつもない負担がかかります。このハイリスクな魔術と、彼を“魔術師殺し”たらしめる『切り札』。この二つを用いた彼の戦闘シーンは必見です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャラペディアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Fate/staynight」に関する記事

「Fate/staynight」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Fate/staynight」の記事

次に読みたい「Fate/staynight」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク