【アニメキャラの魅力】主夫で優しく気が弱い穏やかな16歳!高倉家次男「高倉晶馬」の魅力とは?『輪るピングドラム』

【アニメキャラの魅力】主夫で優しく気が弱い穏やかな16歳!高倉家次男「高倉晶馬」の魅力とは?『輪るピングドラム』
拡大する(全1枚)
(C)ikuni chowder pengroup
 難解なストーリーと映像美で素晴らしいインパクトを残した2011年放送の『輪るピングドラム』。病死した年若い妹を復活させるために奮闘する兄弟が主人公。16年前に起きた事件にからみ、複雑な人間関係が交錯します。そして、本作のメイン主人公こそ、今回ご紹介する兄弟の弟「高倉晶馬(たかくらしょうま)」です。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■両親の罪を背負う覚悟

 1995年3月20日うまれの16歳。高倉家の次男で、兄の冠葉(かんば)、妹の陽毬(ひまり)と3人暮らし。家族を大事に想い、体の弱い妹、いつもどこかにいってしまう兄にかわり、家事全般を引き受けています。兄は兄で、妹の病気治療のためのお金を稼ぐためにいろいろと怪しい活動もしているのですが、どうやら気が付いてはいない様子です。

 また、16年前に大事件を起こしたピングフォースという組織に両親とともに所属していましたが、人を傷つけた両親を憎く思い、組織ともども軽蔑しています。そして高倉家に振りかかる不幸を、大罪への罰だと受け入れています。

■受け身な性格と生活

 晶馬は基本、受動的な性格です。妹の命を救うために、突然現れた妹の姿をしたプリンセス・オブ・クリスタル(以後プリクリ様)の密命で、良心の呵責に耐えながら、荻野目苹果(おぎのめりんご)をストークします。16年前の事件の被害者である荻野目桃果の妹・苹果(りんご)に惹かれているようで、いろいろと手助けしたり身を守ったりしますが、実のところは全くはっきりしません。あげく、自分の気持ちに気が付いた苹果に対して、被害者家族と加害者家族であることを理由に拒絶します。相手がパワフルな苹果でなかったら、何の進展もしないでしょう。それ以外にも、いろいろとゴチャゴチャするなか、比較的いつもカヤの外の晶馬。ある意味ほっこり要因です。

当時の記事を読む

キャラペディアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク