【アニメキャラの魅力】前代未聞!?脳みそど腐れゲロ豚ビッチなストーカーヒロイン「荻野目苹果」の魅力『輪るピングドラム』
拡大する(全1枚)
(C)ikuni chowder pengroup
 異才・幾原邦彦監督が放った問題作『輪るピングドラム』。1995年に某教団がおこした、某事件をオマージュにするという、社会的タブーを犯した衝撃作。何話見ても、本筋が見えないミステリアスなストーリーが魅力です。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

簡潔にいいますと、いらなくなった子どもを消す「こどもブロイラー」がある世界、そしてそんな世界をぶっ壊すためにテロを起こした「ピングフォース」と、振り回される子どもたちのお話なのです(少々語弊あり)。

 今回ご紹介する「荻野目苹果」(おぎのめりんご)は、櫻花御苑女子高等学校に通う16歳。両親は離婚しており母親と二人暮らし。得意料理はカレーです。明るく元気で性格もよい優等生で顔も結構可愛い方、しかし胸はちょっと残念・・・そんな女の子です。

■カレーにはりんごが付きもの。りんごは宇宙そのもの

 子どもとは思えないほど人格者だった、姉の桃果が亡くなった日に生まれたため、自分を「桃果の生まれ変わり」と信じ、毎日頑張って“いい子”をやっています。桃果の月命日は、桃果の好物であるカレーを食べる「カレーの日」としていた荻野目家。カレーを喜ぶ苹果を見て、桃果を思い涙する母。そして苹果の誕生日を祝おうとしない母をなじる父・・・。

 離婚してからは、父の代わりに桃果の幼馴染の多蕗がカレーの日に荻野目家に通うようになります。自分の誕生日に、亡き姉の友人が招待される現実を、苹果はおかしく思うことはありません。それが自然なのだから。苹果が桃果と一つになれば問題は解決し、不仲な両親は元に戻り、すべてがうまくいくと信じている、とっても健気な女の子なのです。父は再婚し、母は「カレーの日」を忘れてしまう始末なのに・・・。