「井沢真秀」は、『彼氏彼女の事情』通称『カレカノ』の姉御的存在で基本的に沈着冷静なタイプです。しかし、「芝姫つばさ」の弟「芝姫一馬」が所属するバンドのライブを見て、ひと目でファンになるなどミーハーな面もあります。
今回は、そんな「まほさん」の魅力を紹介したいと思います。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■クールビューティー&パーフェクトスペック

 サラリと伸びた黒髪のロングヘアーに涼しげな目元。成績優秀で中学時代はリーダー的存在(それでいてちょっとヤンキー)。実家は由緒ある老舗の和菓子屋を経営しているお嬢様。
実は、有馬と双璧をなすほど完璧なスペックの持ち主なのです。

 寝起きは機嫌が悪いので、言葉遣いが少々荒っぽくなるという特徴があります。元々は雪野を無視するなど、いじめの首謀者として登場するものの、逆にそれがきっかけで雪野と親しくなり、気がつけばカレカノメンバーのお姉さん役に。お姉さんというよりは数少ない常識人と言えましょう。奇人変人だらけのカレカノメンバーにおいて最もまともな受験生でしたから。

■彼氏は12才年上

 中学3年生の時に知り合った年上の彼氏は、イケメン、お金持ちの歯医者さん。
彼女を決して甘やかさず、デートの前に勉強させるという、少しスパルタな面もありますが、仲良くニューヨークに旅行するなど関係は良好のようです。最終回では結婚して名字が「貴志」に変わっていましたね。ただ馴れ合うだけではなく、お互いを高め合う関係の恋人なんて、まほさんにぴったりです。

■ゆきのんが好き

 最初は勉強でもスポーツでも、常に自分の1歩先を行く雪野のことが嫌いでしたが、打ち解けてからは雪野のことが大好きに。その証拠に、雪野が医者になることを知って、友人の中で1番喜んでいたのはまほさんです。中学の時も、いつも周囲には同級生がいましたが、それはあくまで表面上の付き合いであり、本音でぶつかりあうような関係ではありませんでした。
だからこそ、今いるグループに誘ってくれて、新しい世界を拓いてくれた雪野には、本当は感謝をしているのだと思います。嫌よ嫌よも好きのうちってやつですね。

■脳外科医志望

 有限実行で女子医大に見事現役合格、その後は有馬父の経営する病院の人気ドクターになります。中学生の時からの夢を実現すること自体とてもスゴイのですが、その中でも相当難しそうな脳外科を選択するあたりがまほさんです。まほさんの子供についての描写はありませんでしたが、歯医者の父と脳外科の母なんて、超優秀な子が生まれるに違いありません。カレカノメンバーで2世を見てみたいと思うカップルの筆頭ではないでしょうか?

【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】

★記者:あきにゃん(キャラペディア公式ライター)

(C)津田雅美・白泉社