【アニメキャラの魅力】カレイドステージの孤高のトップスター「レイラ・ハミルトン」の魅力とは?『カレイドスター』

【アニメキャラの魅力】カレイドステージの孤高のトップスター「レイラ・ハミルトン」の魅力とは?『カレイドスター』
(C)2003 佐藤順一・HAL・GONZO/カレイドステージ (C)2005 佐藤順一・HAL・GONZO/カレイドステージ
 サーカスとミュージカル、マジック等を組み合わせたエンターテイメント集団「カレイドステージ」で、主人公「苗木野そら」が奮闘する物語を描いた『カレイドスター』。世界各国から凄腕のパフォーマーが集まるその中で、花形の空中ブランコの演者としてトップスターの座を守り続けてきたのが、このアニメのもう一人の主人公ともいえる「レイラ・ハミルトン」です。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■自分に厳しく、他人にも厳しい孤高の存在

 『カレイドスター』は主人公「苗木野そら」が「カレイドステージ」入団のオーディションを受けるところから始まります。「レイラ・ハミルトン」はその時すでに「カレイドステージ」のトップスターとして君臨しています。

 第1話で不慮の事態によりオーディションに遅刻してきたそらに対し、レイラはきっぱりと言います。「何があってもステージは時間通り始めるものよ」と。その後、どうしてもカレイドステージに入りたいと追い縋るそらを無視し、結局そらはオーディションを受けることができません。

 そら視点でアニメを見ていると、トップスターであることを鼻にかけたすごく嫌な先輩演者に見えますが、この融通のきかなさも「レイラ・ハミルトン」の「カレイドステージ」にかける想いの強さの表れなのです。どんな状態でも必ずベストの演技をし、観客を喜ばせるという決意。それは、この第1話の時点から最終話まで、一貫しているものです。いつもスマートに見える「レイラ・ハミルトン」ですが、その根底にあるものは、そらと同じ、純粋で不器用なまでのプロ『根性』なのです。

あわせて読みたい

キャラペディアの記事をもっと見る 2015年5月17日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら