【アニメキャラの魅力】心優しきディクロニウス!パパのために頑張る少女「ナナ」の魅力とは?『エルフェンリート』

【アニメキャラの魅力】心優しきディクロニウス!パパのために頑張る少女「ナナ」の魅力とは?『エルフェンリート』
拡大する(全1枚)
(C)岡本倫/集英社・VAP・GENCO
 ひとつ先のシーンでさえ、読み手の予想を上回っていく展開。細部まで計算しつくされたストーリーに定評のある、「ノノノノ」や「極々のブリュンヒルデ」でおなじみ「岡本倫」先生の初連載作品です。

 『エルフェンリート』は思わず目を背けたくなるようなショッキングな描写で話題になり、地上波放映時には大量の残虐シーンを修正・カットされた上で放送されるという伝説を生み出しました。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■本作の舞台は「鎌倉」

 いつからか、日本各地で生まれたばかりの幼児の頭部に二本の角が生えるという怪現象が起き始めます。それらはディクロニウスと呼ばれるミュータントで、人類を滅亡させる危険性を孕む存在として、一部の限られた人間だけがその存在を知り、そして恐れられていました。ディクロニウスについては完全に機密扱い。存命する個体は施設に隔離されて研究されていました。しかしある時、その内の1体のディクロニウスの脱走を許してしまいます。

 「ナナ」は研究所が管理しているディクロニウス。7番と呼ばれています。研究所室長の「蔵間」の事を父親だと思っており、逃亡したディクロニウス「ルーシー」の捕獲を命じられ、パパのために健気に頑張るのです。

■人間を襲わないディクロニウス

 「ナナ」は、ディクロニウス特有の頭部に生えた2本の角、ショートカットのピンク色の髪に透き通るような紅い瞳の少女です。通常、ディクロニウスは人間に対する攻撃本能が強く、些細なきっかけで人を殺めてしまうほど衝動的で不安定。しかし「ナナ」は例外で、とても大人しい彼女は人にベクターを向けることはありません(ベクターとはディクロニウスの持つ見えない特殊な腕のこと。殺傷能力が高く極めて危険。)。性格も明るく一生懸命で、「マリコ」や「ルーシー」などの他のディクロニウスとはまったくタイプが違います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャラペディアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「エルフェンリート」に関する記事

「エルフェンリート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「エルフェンリート」の記事

次に読みたい「エルフェンリート」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク