【アニメキャラの魅力】頭脳明晰容姿端麗!美しき情報屋「柴崎麻子」の魅力とは?『図書館戦争』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 社会に悪影響を与える表現を取り締まるための“メディア良化法”が制定され、激しい検閲が行われる時代に、『表現の自由』を守るため図書館は武装化し『図書隊』が設立されます。その図書隊とメディア良化隊との戦いは激化する一方であり、終息の見えない状況でした。今回は、頭もよく美人な情報屋、そして主人公「笠原郁」のルームメイトでもある「柴崎麻子」の魅力についてご紹介したいと思います。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■容姿端麗で頭がいい

 柴崎といえば容姿端麗というイメージがあります。長いストレートへアで美人、普段は営業用のキャラクターで相手と接しているため、彼女の所属する業務部だけでなく、防衛部や利用者にまで彼女のファンは多く、告白される事も多々。バレンタインには“虫よけ”と称して、手塚とランチへ行く場面もありました(コミックス)。また、その美しい容姿のために、勘違いをした男性にストーキングされるなどの被害も多く、手塚に助けられたこともあります。

 また、彼女はただの美人ではなく頭脳も明晰。情報収集や相手とのやり取りに関しての頭脳戦には目を見張るものがあります。ただし、計算なしで接することの出来る相手は数えるほどしかいないようです。自分の容姿と頭脳を強みと理解し、活用できる彼女の強さは、何よりの魅力だと感じます。

■容赦のない性格

 もともとはキツイ性格のため、中学時代は友人関係でトラブルが起きてしまい孤立したこともあります。そのため、普段は男性にも女性に対しても外面よく立ち回っています(たまに毒舌を入れることもあります)が、笠原と手塚に対しては、素の部分を見せています。