【アニメキャラの魅力】女子だらけの学園に入学してハーレムに!?「織斑一夏」の魅力とは?『インフィニット・ストラトス』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 『インフィニット・ストラトス』の主人公「織斑一夏」は、女性しか動かせないISを世界で唯一動かせる男性として、IS学園に入学しました。一夏はイケメンであり、女子しかいないIS学園は大騒ぎになりますが、幼馴染の「篠ノ之箒」らと行動を共にするようになります。意外と熱い心を持っているものの、空気はあまり読めず、また女心にも鈍感で、ヒロイン達の好意にこれっぽっちも気付かいことから、色々なトラブルに巻き込まれ(引き起こし)ます。今回は、そんな「織斑一夏」の魅力についてご紹介したいと思います。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■間違いからIS学園に入学!?

 『インフィニット・ストラトス』(以下IS)は、人間の体に装着できるロボットのような兵器で、女性にしか起動する事ができません。一夏もISに乗ろうなどとは考えた事もなく、ましてIS学園に入学する気もありませんでした。しかし、間違えてIS学園の試験会場に入ってしまい、そのうえ偶然触れたISが起動してしまったため、世界で唯一ISを起動できる男性として、IS学園への入学が決まってしまいます。

■女心には鈍感・・・シスコン疑惑も!?

 ISは女性しか起動できず、ISを操縦するための学校であるIS学園には当然女生徒しかいません。そんな中で唯一の男性、しかもイケメンということで、IS学園は大騒ぎとなりますが、一夏自身はあまり気にしませんでした。一夏は、女心には超がつくほど鈍感で、例えばお弁当を作ってもらっても、そこに潜む好意には気付かず、純粋に作ってもらった事に感謝だけします。一夏は女性に興味がないのかと思いきや、姉である「織斑千冬」に対しては、まるで夫婦のような会話をし、また千冬を女性として意識しているようです。