【アニメ漫画キャラの魅力】大金持ちなのに結構いい奴!キザの代名詞「花輪和彦」の魅力とは?『ちびまる子ちゃん』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 いまや国民的アニメである『ちびまる子ちゃん』。個性的なクラスメート達の中、特に異彩を放つ存在、それが「花輪和彦」です。クラスメートの中で、両親を「パパ」「ママ」と呼ぶのは彼くらいでしょう。それも道理、彼の家は大金持ちであり、使用人が数多く働く豪邸に住み、学校の送り迎えは執事である「ひでじい」がロールスロイスでおこなうという、非日常的なまでの金持ちっぷりです。同じく国民的にアニメである『ドラえもん』では、「スネ夫」という金持ちを鼻にかけるイヤミな役どころになるのですが、彼はそれとは全く違う路線を歩んでいます。

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■クラスメートを圧倒するそのスペック

 このアニメの時代設定である昭和40年台、「いいとこの子」は皆、習い事をしていました。その頂点とも言えるのがバイオリンですが、花輪くんは月曜バイオリン、火曜ピアノ、水曜フランス語、木曜インド哲学、金曜お茶とお花、土曜には英会話と、習い事だけで「一週間の歌」ができそうなほど。それに加えて語学堪能、学業優秀、スポーツ万能、護身術まで身につけており、クラスメートの危機を救ったこともあります。

 これほどまでにカリカチュア化された「お坊ちゃん」であり、その恵まれた環境を「まる子」が羨むことも多いのですが、余りに隔絶しているので、「しかたないね、花輪くんみたいになろうったって、所詮ムリだよ」とあきらめざるを得ません。