【アニメ漫画キャラの魅力】ルルーシュ兄妹を守るSP「篠崎咲世子」の魅力とは?『コードギアス 反逆のルルーシュ』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 『コードギアス 反逆のルルーシュ』には非常に魅力的なキャラクターが多いですが、中でも特に現実離れした不思議キャラが、「ルルーシュ」と「ナナリー」のメイドでありSPでもある「篠崎咲世子」です。設定がまず盛りだくさんで、彼女の正体が明らかになっていくにつれて驚いた方も多いのではないでしょうか?今回はそんな「篠崎咲世子」の魅力についてご紹介いたします。

⇒篠崎咲世子とは?(コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ)
http://www.charapedia.jp/character/info/16999/

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■有能なメイドで忍者!?

 咲世子さんは、ルルーシュ&ナナリー兄妹に仕えるメイドさん。ミレイ会長のアッシュフォード家から派遣されており、その正体は代々SPを排出している篠崎流の37代目です。名家の出身ということで、咲世子さんのメイド(SP)としての技術は超一級。身体能力は「スザク」や「カレン」などの戦闘要員にも全くひけをとりません。完成度の高い変装技術も持っており、ルルーシュの影武者として活躍したりも・・・。日常生活では常にナナリーの傍に控え、彼女を全面的にサポートしています。普段は穏やかで有能な咲世子さんですから、当然ナナリーもとても慕っており、まるで本当のお姉さんのよう。ルルーシュ兄妹が平和に学園生活を送れるのは咲世子さんのおかげなのです。