【アニメ漫画キャラの魅力】さよなら天さん・・・超能力で存在感を発揮する「餃子」の魅力『ドラゴンボール』

【アニメ漫画キャラの魅力】さよなら天さん・・・超能力で存在感を発揮する「餃子」の魅力『ドラゴンボール』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 国民的名作アニメ『ドラゴンボール』に登場するキャラクター「餃子(チャオズ)」(紛らわしいので以後はカタカナで)。「鶴仙人」の弟子であり、「天津飯」の弟弟子にあたります。「ヤムチャ」や「プーアル」と共に、そのネーミングから「中華グループ」とも呼べるでしょう。今回はそんな「チャオズ」の魅力についてご紹介させて頂きます。

⇒餃子とは?(ドラゴンボールシリーズ
http://www.charapedia.jp/character/info/14286/

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■作品初の超能力キャラ

 「チャオズ」はまず、見た目が「キョンシー」です。若い世代のファンはあの映画(霊幻道士シリーズ)を知らない方も多いでしょう。キョンシーが“この世のものならざる存在”なので、チャオズも“まばたきをしない”など、人間とは違った印象を与えるものになっています。能力については、鶴仙流の「どどん波」は使えるもののフィジカルな力は非常に弱く、超能力で敵に体調不良を起こさせたり金縛りにしたりと、兄弟子である「天津飯」とは全く別系統のものになっています。同じ「中華グループ」の「ヤムチャ」「プーアル」の関係にも似ています。

■天津飯との関係

 天津飯とチャオズは大変仲がよく、常に行動を共にしています。天津飯は登場当初、師匠である鶴仙人の影響から“力の信奉者”であり、とにかく勝てれば良いという冷酷な側面が強調されていました。しかし、チャオズを思う心を描く事で、同時に彼の温かい一面を表現する事が出来たのです。鶴仙流から離れても、二人の「兄弟愛」は随所で見られます。今の天津飯があるのは、チャオズの存在によるところも大きいと言えるのではないでしょうか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャラペディアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドラゴンボール」に関する記事

「ドラゴンボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク