【アニメ漫画キャラの魅力】ローの大恩人!「コラさん」こと「ドンキホーテ・ロシナンテ」の魅力『ONE PIECE』
拡大する(全1枚)
(C)CHARAPEDIA
 『ONE PIECE』76巻から77巻にかけて、「トラファルガー・ロー」の過去にまつわる人物として登場「ドンキホーテ・ロシナンテ」通称「コラさん」です。ローに命と「オペオペの実」、そして、多大な影響を与えたコラさんのエピソードに涙した人も多いのではないでしょうか?今回は、そんな「ドンキホーテ・ロシナンテ」の魅力について紹介させていただきます。

⇒コラソンとは?(ONE PIECE)
http://www.charapedia.jp/character/info/16993/

【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】

■ナギナギの実の無音人間

 「コラさん」は悪魔の実の能力者です。その能力は「ナギナギの実」による無音人間。「防音壁」を貼る事で周囲の音を遮断し、逆に自分たちの会話も周囲には聞かせない。さらに、自分や他人の影響で出る音をすべて消すことも可能。それがナギナギの実の無音人間・・・地味。

 しかしこの能力、「人に気付かれず目的を果たす」という点においてはかなり強力です。自分の影響で出る音をすべて消せますので、彼が爆薬を仕掛ければ、何の音もせずに建物が大爆発。暗闇の中で行動すれば、相手は何が起こっているのかまったく知る事すらできません。「悪魔の実の能力は使い方次第でいくらでも強くなれる」という言葉をよく表しています。

■兄を止めるため!子供たちを守るため!

 兄である「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」のもとで、幹部「2代目コラソン」として活動していたロシナンテ。彼は大の子供嫌いで、海賊団の子供を高いところから鉄くずの山へ放り投げるほど。しかし、彼の本当の仕事は「海軍中佐」。ドフラミンゴの暴走を止める為に潜入していたのです。今ある被害を防ぐのはもちろん、ドフラミンゴの計画を阻止し、未来の被害者を失くそうとしていたのです。子供たちをいじめていた(ように見えた)のも、彼らが海賊団を飛び出すように仕向けて、海賊にならないようにしていた為。無慈悲に見えて優しさを兼ね備えた男、それがコラさんなのです。