白石和彌監督の作品を観て『仮面ライダーBLACK SUN』への期待が爆増!その理由とおすすめ2作

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

1971年4月3日に放送が開始された特撮ヒーローの金字塔作品、その名も『仮面ライダー』。

この作品の行く末はもう皆さんの知るところ。

じわじわ人気を拡大している最中に不意に訪れた主人公、本郷猛役の藤岡弘、さんのバイク事故。

この絶体絶命のピンチは佐々木剛さんが2号ライダー、一文字隼人として代役することで回避されました。

それどころか、その際に生まれた変身ポーズが爆発的人気を呼び、仮面ライダーは社会現象になり、その名が日本中に轟くことに。

今や仮面ライダーはマスクドライダーではなく「KAMEN RIDER」として世界中にファンを作り続けています。

そんな『仮面ライダー』の初放送があった日から丸50年の2021年4月3日、東映から驚きの発表が三つありました。

1つ目は仮面ライダーWの続編が描かれている漫画「風都探偵」のアニメ化、2つ目は仮面ライダーBLACKのリブート作品『仮面ライダーBLACK SUN』を白石和彌監督で制作。

そして最後3つ目は、庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』が制作されるとのこと。

はっきり言って発表がどれか1つだけだったとしてもファン大歓喜の内容なんですが、それがまさか3つも。

まさに盆と正月が一緒に来た状態。

庵野監督は、言わずと知れた『エヴァンゲリオン』の生みの親。現在も『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が大ヒット中で、5年前に社会現象を起こした『シン・ゴジラ』も記憶に新しいところ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク