“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!

“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!
拡大する(全3枚)
『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』画像ギャラリーはこちら
 
全世界でメガヒットを記録した大ヒットアクション映画『G.I.ジョー』シリーズの最新作『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』より、ロベルト・シュヴェンケ監督が日本映画愛で撮影に挑んだと明かすコメントが到着した。

本作では、史上最大規模の日本ロケが行われ、刀と銃を武器に戦い「G.I.ジョー」最強の戦闘能力を持つシリーズ人気No.1の漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”が主人公に!“未曽有の忍者テロ”を阻止するべく立ち上がったスネークアイズの、謎に包まれたオリジンストーリーが初めて描かれている。

“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!


日本映画好きの映画監督と言えば、特撮愛で知られる『パシフィック・リム』(13)のギレルモ・デル・トロや、仁侠映画愛でしられる『キル・ビル』(03)のクエンティン・タランティーノが有名だが、シュヴェンケ監督の時代劇・仁侠映画愛の本気度も相当なものだ。『座頭市』シリーズの三隅研次監督、タランティーノも敬愛する『仁義なき戦い』シリーズの深作欣二監督をリスペクトしている。

監督は任侠映画の主人公が、自分の組織と敵対する組との間で板挟みになることを例に、「このジレンマは映画におけるスネークアイズとストームシャドーの両方の運命においても軸となっている」と語る。谷垣健治アクション監督との撮影現場では、「三隅研次のようにやりたいとか、深作欣二のようにしたいと伝えると、ケンジはその意味を瞬時に汲み取ってくれた」と、日本のレジェンド監督の作品が二人の共通言語だったという。谷垣も、「監督は日本映画にすごく詳しくて、『十三人の刺客』や、池広一夫監督の『無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた』や、三隅研次監督の作品など、様々な日本映画の印象的なシーンを私に教えてくれて、そのアイデアを吸収しながら、ストーリーとキャラクターに基づいたアクションを作っていきました」と撮影を振り返っている。

この記事の画像

「“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!」の画像1 「“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!」の画像2 「“任侠映画”と“時代劇”を参考!?『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』日本映画愛にあふれた監督コメント到着!」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク