映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない
拡大する(全8枚)
『CUBE 一度入ったら、最後』画像ギャラリーへ

1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品『CUBE』がリメイクされた。しかも初めての監督公認リメイク、さらには主演の菅田将暉を筆頭に、指折りの俳優陣が顔を揃えたことでも話題だ。

年齢も性別も職業も、何の接点もつながりもない男女6人が場所も理由も分からぬまま、謎の立方体(CUBE)の中にただただ閉じ込められる『CUBE 一度入ったら、最後』。

“劇薬系密室エンターテインメント”の異名をとる本作は、全く状況が分からない中で、次第にそれぞれの人間性が浮き彫りになっていく。時に繊細に、時に感情的に演じる俳優陣の競演に注目したい。

菅田将暉と岡田将生による“Wマサキ”の演技合戦

個人的に印象に残ったのは、菅田将暉と岡田将生の“Wマサキ”による演技合戦だ。作中ずっと不穏な空気が流れる中で、特に黒い闇を抱えた人物を見事に演じ切っていた。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


菅田演じるエンジニアの後藤は、最初こそCUBEに閉じ込められたことに動揺していたものの、周囲と最低限のコミュニケーションをとりながら、冷静に事態を理解しようと努める。また、明晰な頭脳を生かし、CUBEの構造を解き明かすヒントとなりそうな痕跡を見つけていく。ぱっと見の印象はやや心許ないが、この状況下においては頼りがいがある。

頼りになるお兄ちゃんかと思いきや、だんだん事情は変化。6人の中で最年少の千陽を気遣ううちに、自身が抱えるトラウマが徐々に浮き彫りになっていく。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


ただでさえCUBEという窮地に追い込まれている彼を、さらに追い詰めるほどのトラウマとは何なのか。

これまで様々な難役を演じてきた菅田。

「これ(CUBE)は何かの罰なの?」という言葉を皮切りとした、彼の過去のある出来事が襲ってくる場面で見せた罪悪感に苦悶する様は圧巻だった。菅田将暉という役者の、また新たな一面を垣間見られるはずだ。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


対照的に、岡田が演じたフリーターの越智は、同世代のはずの後藤よりもずっと頼りない。どこかから監視されていると考えたのだろう、「僕ら何もやってないですよ~」と声を上げ、自信なげにオドオドしている。そして、年長者であることと自身の社会的地位を振りかざし高圧的な態度をとる安東(吉田鋼太郎)へストレスを募らせ、次第に歪な表情を浮かべていく。神経質で、厄介。このあたりから、越智の闇が浮き彫りになってくる。

岡田と言えば、筆者にとっては2007年に放送されたドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」をはじめ、好感度の高いイケメン俳優というイメージが強い。だが、30代になった頃から、グンと役の幅が広がった。3枚目の役も、ちょっと面倒だがどこか憎めない役も、気持ちの悪い役も、器用に演じる技巧派に仲間入りを果たしたと言えるだろう。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


今回演じる越智も、とにかく気持ちが悪い(褒めてる)。物語の重要なカギのひとつとなっていく彼の狂気に満ちた気持ち悪さを、ぜひ堪能してみて欲しい。

繊細で、感情的に演じる俳優陣の競演にも注目

もちろん他の登場人物も見応え十分だ。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


何としてもCUBEから出なければならない“理由”がある整備士の井手(斎藤工)は、周りと馴れ合わず、部屋から部屋へ淡々と移動していく。1歩間違えれば死んでしまうようなトラップが仕掛けられており、しかも、移動することが正しいという確証もない中で。無骨な雰囲気をまとった井手を演じた斎藤からは、普段とは趣の異なる色気が漂っていた。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


井手同様に冷静なのが杏演じる団体職員の甲斐だ。登場から「あなたたち、何者ですか?」と落ち着いた様子で聞く姿は、混乱が支配するCUBEの中で少し異質な感じがする。甲斐を演じた杏の整った顔立ちも相まって、彼女の醸し出す無機質な空気はある意味恐怖を感じる。

一方で、こんな状況になってもなお自身が年長者で社会的地位があったことを振りかざす安東(吉田鋼太郎)のような人物もいる。みんなが協力しながら活路を見出そうとしても「ガキの言うことなんかアテにならないだろ」と一蹴する。吉田の腹から響くよく通る声が、安東の過剰な自信、そして身勝手さを体現していた。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』:Wマサキによる演技合戦から目が離せない


そんな傍若無人な大人たちを見て怯えているのが弱冠13歳の田代輝演じる宇野だ。箱の隅で小さくなっている彼は、「大人はキライだ」と呟く。思春期特有の繊細さと神経質さを見事に演じており、幾度となく視線を奪われた。田代輝、今後の出演作が楽しみな俳優が、また1人増えた。

もう一つ、ぜひとも筆者がお伝えしておきたいのが、本作に関してはホラー作品が苦手でも鑑賞は可能だったということだ。もしも怖さを理由に鑑賞を迷っている人がいるのなら、大丈夫だよとお伝えしたい。途中、スクリーンから目をそらす場面はあったものの、概ね落ち着いて見ることができた。(もちろん個人差はあると思うが…)

もしかしたら自分も劇場というCUBEの中にいるのかも、と境界を失っていくような独特の感覚を、ぜひ体感してみて欲しい。

(文・あまのさき)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register

映画『CUBE 一度入ったら、最後』作品情報


https://movies.shochiku.co.jp/cube/

出演:
菅田将暉/杏/岡田将生/柄本時生/田代輝/山時聡真/斎藤工/吉田鋼太郎

原案:
「CUBE」ヴィンチェンゾ・ナタリ

監督:
清水康彦

脚本:
徳尾浩司

音楽:
やまだ豊

主題歌:
星野源「Cube」

この記事の画像

「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像1 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像2 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像3 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像4
「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像5 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像6 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像7 「映画『CUBE 一度入ったら、最後』:"Wマサキ"による演技合戦から目が離せない」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク