「相棒 season20」第2話:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ネタバレありレビュー)

「相棒 season20」第2話:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ネタバレありレビュー)
拡大する(全2枚)
 

「相棒 season20」画像ギャラリーへ

シーズン20作目となる「相棒」が、2021年10月13日(水)にスタートした。

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘によるタッグは今作で7シーズン目に突入。
前作「相棒 season19」で全4話に連なって描かれた壮大な事件の闇がついに明かされ、冠城逮捕という衝撃の幕開けに。

本記事では、その第2話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「相棒 season20」第2話レビュー

「相棒 season20」第2話:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ネタバレありレビュー)

 
自室で亡くなっていた中郷都々子は自殺だとみなされてしまう。さらに、冠城の早すぎる不起訴は甲斐峯秋の圧力によるものだという記事が出てくる。度重なる問題から、冠城は内村刑事部長に「場合によっては免職」とまで言われて、右京たちはどんどん追い込まれていく。

とはいえ、もはや勝負から降りる気などない特命係。右京と冠城は柾庸子と都々子の相次ぐ死の背後に鶴田がいるに違いない…と考える。そんな中、都々子の遺体から筋弛緩作用のある毒が検出。他殺の可能性が強くなった。

都々子の直感にかけてみようと思う…と言い出す右京。実は彼は都々子が盗んだ例の鍵を鑑識の棚から拝借して、自分たちの手元に戻していた。褒められたことではないが、これぞ杉下右京。事件解決のためなら時にルール違反すれすれのこともやってのける。彼は昔からそうだ。

青木も巻き込んで捜査に乗り出す右京たち。文句たらたらの青木だったが、すでにどこの鍵かをしっかりと調べ上げていた。なんだかんだで優秀な人材ではある。鍵は加西が所持していた幽霊ビルのもの。右京たちはビルを探索してモニターが並ぶ怪しい部屋を見つけだす。さらに、一人の男に出くわして冠城が彼を捕獲した。

この記事の画像

「「相棒 season20」第2話:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ネタバレありレビュー)」の画像1 「「相棒 season20」第2話:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ネタバレありレビュー)」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク