「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)
拡大する(全3枚)
「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」画像ギャラリーへ

2021年10月15日より放送がスタートした、田中圭主演ドラマ「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」。

本作がゴールデン帯初主演となる田中圭。「DNAは嘘をつかない」が口癖の天才遺伝子科学者・神保仁を演じる。初共演となる安田顕は、事件解決のため神保とバディを組む熱血刑事・安堂源次役。難事件に挑むミステリードラマとしてはもちろんのこと、その陰で蠢く人間模様を楽しむヒューマンドラマとしても楽しめる。

本記事では、最終話である第7話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ

「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」第7話レビュー

神保先生は、やっぱり筋が通った人だった。

娘の沙也香を殺した槇村に憎しみをぶつけ、殺害した静原。そのまま現場からは逃亡……したかのように思われた。が、実は殺されたのは槇村ではなく、静原だったことが、DNAによって明らかになる。

白血病を患っていた静原にドナーだった槇村の骨髄を移植。ドナーの槇村のDNAを静原も保有することになったために、本当の被害者が分からなくなっていたのだ。

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)


静原から神保へ「巻き込んですまない」とメールが。しかし、神保の力を貸してほしい、とも。そんなメールに、神保は「もうお芝居はやめにしませんか」と返信をする。

最大の謎は、槇村がなぜ沙也香を殺したのか。そして、槇村が成し遂げようとしていることは何か。

槇村は死んだ沙也香をクローンとしてよみがえらせようとしていた。すでにクローン胚はできているが、研究室に残したまま。それを神保に取りに行かせるのが目的だった。おまけに安堂の娘、瑞希を人質にして。

神保が闇落ちして槇村に協力したように見えたが、実は瑞希を助けるためだったのだ。

神保は「人間のクローンを生み出すのは禁忌」ときっぱりと言い切っていた。研究のために周りが見えなくなることはあるけれど、神保の中には越えてはならない線がきちんとあるのだ。そして、それを越える行為は研究者としての誇りを捨てるにも等しいことではないのか。

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)


そもそも、槇村の行為は同情の余地がない。神保が槇村を助ける理由がないのだ。
沙也香の研究者としての飛躍を喜ばず、神保と愛し合っているのだと勘違いしてもみ合った結果、死なせてしまう。そして「愛しているから」を言い訳に、彼女のクローンを生み出し、2人で暮らしていきたい、とはなんと身勝手なことか。

「科学はどんなに発達しても、命の数は変わらない。だから尊いんです」と静かに、でも熱を込めて神保は言った。槇村の行為は命への冒涜でしかない。

神保にとって沙也香は大事な研究者としての同志だったというだけではなく、幼い頃の自分の心を救ってくれた人だったことが明らかになった。その人を殺され、亡くなったあとも命を弄ぶような行動をとられた。

もっと、神保は怒ってもいいのかもしれない。しかし、きっと冷静さを欠くことは非効率的であり、怒りは何も解決しない。……と、どこかで研究者としての自分が抑え込んでいたのかもしれない。

槇村は、何度も神保のことを「パートナー」と言っていた。そんな中で見せた安堂との連携。どこか孤独だった神保は味方を手に入れた。安堂は頭で行動するというよりは、義理と人情で動く、ある種非効率的な人間だ。だが、そんな人こそ、神保にとっては一番必要な存在だったのかもしれない。

ふたりのバディ感がとてもよかったので続編を希望したいところだ。

とは言え、ラストの神保先生が笑顔はプライスレス。いつまでも2人がどこかで良いバディであり続けることを願ってやまない。

「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」7話のストーリー



静原博史(山田明郷)は槇村明良(高橋光臣)を殺そうと研究室を爆破。発見された焼死体のDNA鑑定と防犯カメラの映像から、遺体は槇村で静原が逃亡したと判明。静原の逃亡先を探して神保仁(田中圭)と安堂源次(安田顕)はある場所を訪ねる。

そこへ静原から神保に「世界終焉の研究」の協力要請が入り、神保は源次と袂を分かち単独行動に出る!源次は乱原から死体からもう一つ、2つのDNAが検出されたと衝撃の報告を受け……!?

(文:ふくだりょうこ)

【「らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」作品情報】

田中圭ゴールデン帯初主演!安田顕との初共演が実現。

天才科学者&熱血刑事で、難事件に挑む!

出演:
田中圭、安田顕
倉科カナ、中田圭祐、渡辺いっけい、松坂慶子

原作:
作:夏緑 画:菊田洋之
『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』(小学館)

脚本:
黒岩勉
酒井雅秋
福田哲平

主題歌:
TOMORROW X TOGETHER「Ito」(Republic Records)
BTS「Stay Gold」(Def Jam Recordings)

プロデュース:
濱谷晃一(テレビ東京)
山鹿達也(テレビ東京)
北川俊樹(テレビ東京)
尾上貴洋(AX-ON)
柴田裕基(AX-ON)
 
製作:
テレビ東京 AX-ON

この記事の画像

「「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)」の画像1 「「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)」の画像2 「「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」第7話レビュー:科学者として、人として、神保は闇に堕ちたりしない(※ストーリーネタバレあり)」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク