漫画家・土田世紀の展覧会に18000枚の原画や、新井英樹、松本大洋らのトリビュート作

漫画家・土田世紀の展覧会に18000枚の原画や、新井英樹、松本大洋らのトリビュート作
土田世紀『俺節』 ©土田世紀
漫画家・土田世紀の展覧会『土田世紀全原画展――43年、18,000枚。』が、5月31日から京都の京都国際マンガミュージアムで開催される。

『俺節』『編集王』『同じ月を見ている』『ギラギラ』『夜回り先生』などの代表作で知られ、2012年に急逝した土田世紀。同展は、これまでに発見されている全ての原画18000枚や、土田に共鳴する漫画家達によるトリビュート作品を通して、土田作品の再発見や後世へ継承することを目的に開催される。

原画は、デビュー初期の作品から『編集王』などのヒット作品により人気作家になった時期、『水の中の月』や『同じ月を見ている』『雲出づるところ』など哲学的な新しい境地へたどり着いた時期の3期に分けて展示。壁から床までを漫画原稿で埋め尽くした展示も行われるという。

同展にトリビュート作家として参加するのは、漫画作品を展示する新井英樹、信濃川日出雄、青野春秋や、イラスト作品を展示する上條淳士、えすとえむ、すぎむらしんいち、松本大洋、矢口高雄、きくち正太、高橋よしひろ、倉田よしみら。また会期中は、松本大洋、新井英樹、すぎむらしんいちによるトークショー『土田世紀を語る』などの関連イベントも開催される。

さらに同展の開催にあわせ、記念書籍『SEIKI』が出版予定。同書にはデビュー前に描かれた未発表作品『やりきれない気持』をはじめとする土田作品のほか、青野春秋、新井英樹、信濃川日出雄による描き下ろしのトリビュート漫画も収録される。なお同展のチラシやポスター、図録などのデザインは祖父江慎、ポスターやチラシで使用されている文字は三代目魚武濱田成夫とMAYAMAXXが手掛けている。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る 2014年4月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら