plentyが解散を発表「前向きな決断」 ラストライブは9月に野音で
拡大する(全1枚)
plenty
plentyが解散を発表した。

【もっと大きな画像を見る】#

江沼郁弥(Vo,Gt)はバンドの解散について「メンバー3人で話し合った結果、今後はplentyとしての音楽表現ではなく、それぞれ個人で音楽を表現していこうじゃないか!ということになりました。メンバー間で異論もなく、僕はすごく前向きな決断をしたと思っています」とコメント。新田紀彰(Ba)、中村一太(Dr)もそれぞれファンへの感謝の言葉を綴っている。

plentyは6月から7月にかけて全国12都市を巡るワンマンツアー『plenty ラストツアー「蒼き日々」』を開催。ラストライブは9月16日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催される『plenty ラストライブ「拝啓。皆さま」』となる。両公演のチケット先行予約は本日4月23日23:00まで受付中。

plentyは2004年に茨城で結成され、2009年にデビュー。2014年に中村一太が正式メンバーとして加入し、現在の体制になった。昨年には台湾で初の海外ワンマンライブを行なったほか、4枚目のアルバムとなる『life』を発表した。

■江沼郁弥(Vo,Gt)のコメント
この度plentyは、9月16日の日比谷野外大音楽堂公演をもって解散することを決めました。
突然の発表ですみません。
メンバー3人で話し合った結果、今後はplentyとしての音楽表現ではなく、それぞれ個人で音楽を表現していこうじゃないか!ということになりました。