ケビン・スペイシー降板のリドリー・スコット新作 ゲティ家誘拐事件描く

ケビン・スペイシー降板のリドリー・スコット新作 ゲティ家誘拐事件描く
『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』 ©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
リドリー・スコット監督の映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が初夏に公開される。

【もっと大きな画像を見る】

1973年に起きた石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を映画化する同作。離婚によってゲティ家から離れ、中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイルが、ゲティが1,700万ドルの身代金の支払いを拒否したことから息子のために誘拐犯と大富豪ゲティの双方と戦うことになるというあらすじだ。

守銭奴のゲティと手段を選ばない犯人グループに立ち向かう母親役を演じるのはミシェル・ウィリアムズ。ゲティ役には当初ケビン・スペイシーがキャスティングされていたが、セクハラの告発によって全米公開を目前に降板。代役として急遽クリストファー・プラマーが出演し、短期間で再撮影を行なって映画を完成させた。

同作は12月11日にノミネーションが発表された『第75回ゴールデン・グローブ賞』でミシェル・ウィリアムズが主演女優賞、クリストファー・プラマーが助演男優賞、リドリー・スコットが監督賞にノミネート。

リドリー・スコットは「撮影後に予期せぬ挑戦が待ち受けていましたが、公開を楽しみにしている世界中の観客の皆様を思いながら、挑戦する決意を固めました。このプロジェクトに関わった何百人ものスタッフ・キャストが全てのシーンに魂を込めて、この挑戦へと立ち向かいました。素晴らしいニュースに、格別の喜びを感じています」と喜びのコメントを寄せている。

あわせて読みたい

リドリー・スコットのプロフィールを見る
CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュース

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェームズ・キャメロン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェームズ・キャメロン」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月13日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。