大森南朋が北原白秋&AKIRAが山田耕筰に、童謡の誕生秘話描く映画『この道』

映画『この道』が2018年秋以降に公開される。

【もっと画像を見る(15枚)】

日本の童謡の歴史上、重要な役割を果たした雑誌『赤い鳥』創刊100年を迎える今年に公開される同作。関東大震災で被災した子供たちを元気づけるために手を取り合って数々の童謡を発表し続ける北原白秋と山田耕作が、やがて子供たちを戦場に送り出す軍歌を作るよう命ぜられ、苦悩の淵に立たされるというあらすじだ。

北原白秋役を大森南朋、山田耕筰役をAKIRA(EXILE)、白秋の才能を眠らすまいと奔走する与謝野鉄幹・晶子夫妻役を松重豊と羽田美智子、2人に童謡創作の白羽の矢を立てた『赤い鳥』の創刊者・鈴木三重吉役を柳沢慎吾、白秋の最初の妻である松下俊子役を松本若菜、3番目の妻・菊子役を貫地谷しほりが演じる。監督は『陽はまた昇る』『半落ち』『八重子のハミング』などで知られる佐々部清、脚本は『かぐや姫の物語』『メアリと魔女の花』などで共同脚本を務めた坂口理子が担当した。

クランクアップの撮影場所は、1878年に創業した神奈川・箱根の富士屋ホテル。白秋と耕筰からも愛されたこのホテルは、『007シリーズ』をはじめとした多くの洋画に登場しているが、約140年の歴史の中で日本映画の撮影に使用されたのは今回が初めてとのこと。

大森南朋は映画について「脚本の中でどれだけ自由に北原白秋という人間に近づけるかを考えながら演じました。その中で少しずつ積み重なって北原白秋になっていると思いますので、映画の完成を楽しみしています」とコメント。またAKIRAは「山田耕筰という日本を代表する音楽家・作曲家に挑戦させていただいて、本当に恐縮することばかりでしたが、今回改めて日本の音楽の素晴らしさに触れることが出来ました」と述べている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク