西城秀樹が急性心不全で逝去、63歳

西城秀樹が急性心不全で逝去、63歳
拡大する(全1枚)
西城秀樹 オフィシャルサイトより
西城秀樹が5月16日に急性心不全で逝去。63歳だった。

【もっと大きな画像を見る】

西城秀樹のオフィシャルサイトでは本日5月17日に逝去を発表。5月16日23:53に急逝したことが記されている。ファンや共演者に向けては「これまで温かい応援をしてくださったファンの皆様、お世話になりました共演者、スタッフ関係者の皆様に生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに、ここに謹んでお知らせ申し上げます」と綴られている。通夜や葬儀告別式の日程は後日発表される。

西城秀樹は1955年生まれ、広島出身。1972年にデビューし、郷ひろみ野口五郎と共に「新御三家」と称された。代表曲は“YOUNG MAN(Y.M.C.A.)”“傷だらけのローラ”“激しい恋”など。1974年の主演映画『愛と誠』をはじめ、俳優やタレントしても活躍した。2003年と2011年に脳梗塞を発症し、後遺症が残っていたが、精力的に活動を続けた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

西城秀樹のプロフィールを見る
CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西城秀樹」に関する記事

「西城秀樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西城秀樹」の記事

次に読みたい「西城秀樹」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク