Shout it Outが解散を発表 7月にミニアルバム&ラストワンマンツアー

Shout it Outが解散を発表 7月にミニアルバム&ラストワンマンツアー
Shout it Out
Shout it Outが8月に解散することを発表した。

【もっと大きな画像を見る】

2012年4月に大阪の高校の軽音楽部で結成されたShout it Out。2016年に“ハナウタ”がドラマ『ニーチェ先生』の主題歌に起用されたほか、同年にシングル『青春のすべて』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たした。メンバーの加入、脱退を経て2016年9月以降は、山内馬(Vo,Gt)と細川千弘(Dr)の2人体制に随時サポートメンバーを加えて活動していた。

解散について山内は「僕のわがままで散々振り回してきたShout it Outというバンドを、僕のわがままで終わらせることにしました」、細川は「これからはそれぞれの音楽人生へ進みます。途中加入だった僕を受け入れてくれたファンの皆様、支えて下さったスタッフの方々、共に闘ってくれたバンドマン、バンドを通して出会えたすべての方に感謝しています」とそれぞれコメント。

活動の区切りとして7月18日に2枚組のミニアルバム『また今夜も眠れない僕らは』をリリース。ディスク1には三島想平(cinema staff)、上坂仁志(KOTORI)、アマダシンスケ(FOMARE)、鈴木陸生(ex.赤色のグリッター)らのサポートを受けてレコーディングを行なった楽曲など全5曲が収められる。ディスク2には“17歳”“光の唄”“青春のすべて”“青年の主張”など既に発表されてる楽曲8曲を収録。本日6月5日にTOKYO FMで放送されるラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』でディスク1の収録曲“鳴り止まない”が初オンエアされる。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る 2018年6月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。