アンドロイドが人間を指揮して歌う 渋谷慶一郎『Scary Beauty』日本初演

アンドロイドが人間を指揮して歌う 渋谷慶一郎『Scary Beauty』日本初演
『アンドロイドオペラ「Scary Beauty」』メインビジュアル
『アンドロイドオペラ「Scary Beauty」』が7月22日に東京・お台場の日本科学未来館1階シンボルゾーンで上演される。

【動画と画像(6枚)を見る】

人工知能を搭載したアンドロイド「オルタ2」が30人の人間のオーケストラを指揮し、自ら歌うという同公演。演奏に際した音楽全体のテンポや強弱はアンドロイドが自律的に決定し、人間はそれについていくことしかできないことから、「自らが生み出したテクノロジーに従属することでしか生きていけない人間」の縮図を端的に見せるねらいがある。今回は人工生命国際学会「ALIFE 2018」のパブリックプログラムとして発表。2017年にオーストラリアで「プロトタイプバージョン」が演奏されているが、日本では初演となると同時に完全に新しいバージョンでの世界初演となる。

石黒浩(大阪大学教授)によるアンドロイド「オルタ2」には池上高志(東京大学教授)によるAIの自律的運動プログラムを搭載。オペラの作曲とピアノは渋谷慶一郎が務める。歌われるテキストはフランスの小説家ミシェル・ウエルベックのラブソング、三島由紀夫の自決直前に書かれた遺作、ウィリアム・バロウズのカットアップをディープラーニングでさらに切り刻んだテキストリーディングからの抜粋などで構成される。

また、『Scary Beauty』で構築される新作として、哲学者ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの遺作である『確実性の問題』の抜粋を、文章内における各単語の意味をベクトル表現化するプログラムWord2Vecを用いて解析し、各単語を3次元ベクトルに変換、得られたベクトルの各成分を音高、音価、音の強弱に対応させることで、テクストから音楽への自動作曲を用いた作品も発表する。

終演後は石黒浩、池上高志、渋谷慶一郎によるポストトークを実施。チケットは現在販売中だ。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る 2018年6月18日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。