『世界の中心で愛を叫んだけもの』 SF作家ハーラン・エリスンが死去

『世界の中心で愛を叫んだけもの』 SF作家ハーラン・エリスンが死去
ハーラン・エリスン By Pip R. Lagenta from San Mateo, San Mateo [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons
作家のハーラン・エリスンが6月28日に死去した。84歳だった。

【もっと大きな画像を見る】

早川書房のオフィシャルサイトで本日6月29日に掲載された訃報によると、ハーラン・エリスンはアメリカ・ロサンゼルスの自宅で死去したという。

1934年に生まれたハーラン・エリスンは、1949年に初の小説を発表。オハイオ州立大学中退後、1955年にニューヨークへ拠点を移して執筆活動を本格化させ、その後ドラマ『宇宙大作戦』『ルート66』『ヒッチコック劇場』などの脚本も手掛けた。1969年に発表された短編集『世界の中心で愛を叫んだけもの』は、1973年に日本でも刊行された。『世界の中心で、愛をさけぶ』や『新世紀エヴァンゲリオン』最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」など、タイトルを引用した作品も多くある。

早川書房のオフィシャルサイトでは、「華麗な文体を駆使した作風で知られるエリスンは、84年の生涯で1000を超える作品を遺した」と多作ぶりが紹介されている。日本では『世界の中心で愛を叫んだけもの』『死の鳥』『ヒトラーの描いた薔薇』といった短編集が早川書房から文庫として販売されている。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る 2018年6月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら