『映画 妖怪ウォッチ』主題歌は東方神起 予告編に楽曲&小栗旬のセリフも

『映画 妖怪ウォッチ』主題歌は東方神起 予告編に楽曲&小栗旬のセリフも
東方神起と猫又 ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
12月14日から公開される『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の主題歌を東方神起が担当することが発表。あわせて主題歌入り予告編が公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

『妖怪ウォッチ』の映画シリーズ第5弾となる同作は、1960年代を舞台に、新たな主人公・下町シンと、高城イツキ、有星タエの3人が家族の魂を救うため、妖怪たちと共に冒険に出る様を描く作品。ゲスト声優として、最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかる妖怪・紫炎役の小栗旬、人の魂を奪い取る妖怪・玉藻前役のブルゾンちえみの参加している。

主題歌に起用されたのは東方神起の“大好きだった”。離れてしまった大切な人を想う気持ちを歌った楽曲で、東方神起は「映画の中の『友情』というテーマにすごくピッタリだと思います」と語っている。同曲は11月21日にリリースされるニューシングル『Jealous』に収録される。

製作総指揮の日野晃博は主題歌について「今回はいつもの妖怪ウォッチとは少し違う魅力を感じて欲しいと思い、幅広い世代に人気がある東方神起さんに主題歌をお願いしました。この『大好きだった』という曲は、歌詞もすごくいいのですが、東方神起さんが表情豊かに歌い上げてくださったことで、より一層今回のお話にぴったりの曲になっていると思います」とコメント。

東方神起の主題歌を使用した予告編には、家族を失ったシン、イツキ、タエの姿や、新妖怪・猫又の姿が映し出されている。また小栗旬が声を演じた紫炎の「私が新たな閻魔大王となるのだ」というセリフ、ブルゾンちえみが声を演じた玉藻前の「生きて帰れると思うな」というセリフも確認できる。あわせて新たなポスタービジュアルも公開。同ポスターは10月27日から全国の映画館に掲出される。

当時の記事を読む

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。