小栗旬がハリウッド進出、2020年公開『ゴジラVSコング(仮)』出演決定

小栗旬がハリウッド進出、2020年公開『ゴジラVSコング(仮)』出演決定
小栗旬
小栗旬がハリウッド版映画『ゴジラVSコング(仮)』に出演することがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

ゴジラとコングの激突を描く同作は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』がクロスオーバーする『モンスター・ヴァース』シリーズの第4弾。撮影は11月から2019年3月にハワイ、オーストラリアほかで行なわれ、全米公開は2020年5月22日、日本公開は2020年を予定している。原題は『GODZILLA VS. KONG』。

小栗旬は「我が国が作り出したゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います」とコメント。役柄は明らかにされていないが、重要な役どころになるという。

またプロデューサーのアレックス・ガルシアは小栗について「レジェンダリーと監督のアダム・ウィンガードは、三池崇史監督の『クローズZERO』『クローズZERO II』で初めて彼を見た時から、そして、最近では『銀魂』での小栗旬の仕事を高く評価している。彼がMonsterVerse(モンスター・ヴァース)シリーズの『GODZILLA VS. KONG』に加わってくれることに非常に興奮している」と語っている。

共演者は、アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル。監督は『サプライズ』『Death Note/デスノート』などのアダム・ウィンガードが務める。

■小栗旬のコメント
ハリウッド映画に出演する事には、もちろん憧れがありました。それだけにそのハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした。しかし、本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました。我が国が作り出したゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います。

当時の記事を読む

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ゴジラ」に関する記事

「ゴジラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ゴジラ」の記事

次に読みたい「ゴジラ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月12日の映画記事

キーワード一覧

  1. ゴジラ アニメ
  2. ゴジラ 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。