小栗旬×蜷川実花監督『人間失格』に宮沢りえ&沢尻エリカ&二階堂ふみ

小栗旬×蜷川実花監督『人間失格』に宮沢りえ&沢尻エリカ&二階堂ふみ
左から宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ ©2019 『人間失格』製作委員会
蜷川実花監督の映画『人間失格』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

9月13日公開の同作は、恋の噂が絶えない太宰治と、彼の身重の妻・美知子、弟子で作家志望の静子、未亡人の富栄という正妻と2人の愛人を巡って日本中を騒がせた「文学史上最大のスキャンダル」を描いた作品。『人間失格』の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から、事実をもとにしたフィクションとして映画化する。太宰治役を小栗旬が演じる。

今回出演が発表されたのは、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ。宮沢は2人の子供を育て3人目を身ごもりながら奔放な夫を支える太宰の正妻で『ヴィヨンの妻』のモデルとされる津島美知子役、『ヘルタースケルター』に続き蜷川監督とタッグを組む沢尻は『斜陽』のモデルとされる太田静子役、二階堂は太宰と恋に堕ち、共に死ぬことを夢見る最後の愛人・山崎富栄役をそれぞれ演じる。

宮沢は「映画の中の世界とはいえ太宰治の妻として生きる時間はとてもエネルギーを必要とする時間でしたが、役を生きる事に誠実な小栗さんと子供の役である素晴らしい3人の存在、才能あるスタッフが、太宰治の妻として母としての息吹を与えてくれたような気がします」、沢尻は「実花さんが作り出す世界観と小栗さん演じる太宰治の魅力で、ウキウキが止まらない撮影で夢みたいな体験をする事が出来ました」とそれぞれコメント。

また二階堂は「小栗さん演じる修治さんは、私が何処かで求めていた“太宰治”のような気がします。きっと観る人其々の中にある“太宰治”に会える作品だと思います」、蜷川監督は「ずっと仕事したかったりえちゃん。想像をはるかに越える美知子の演技に圧倒されました。本当凄かった、震えました。大切な戦友エリカ。私が知ってる可愛いエリカがそのまま静子に乗り移りました。やっぱり大好き、お帰りなさい!演じるために生まれてきたようなふみちゃん。全てのシーンが息を飲む仕上がりになったのは富栄として生きてくれたからだと思います。いつもみんなに助けてもらいました」と述べている。

当時の記事を読む

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月22日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。