スカパラが山下健二郎ら出演ドラマ『遊戯みたいにいかない。』の主題歌担当

スカパラが山下健二郎ら出演ドラマ『遊戯みたいにいかない。』の主題歌担当
東京スカパラダイスオーケストラ
       
東京スカパラダイスオーケストラが連続ドラマ『遊戯みたいにいかない。』の主題歌を担当することがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

4月17日から日本テレビで放送される『遊戯みたいにいかない。』は、2017年に配信されたシチュエーションコメディードラマ『漫画みたいにいかない。』の第2弾。ファミコン世代とスマホゲーム世代の間で起きる様々な事件やハラスメントを描く。引き続き、角田晃広(東京03)、飯塚悟志(東京03)、豊本明長(東京03)、山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、山本舞香が出演し、監督、脚本はオークラが務める。ニイルセンによるアニメーションも見どころのひとつとなる。

作詞を谷中敦、作曲をNARGOが担当した主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラがドラマのために書き下ろしたオリジナルの新曲。ドラマの撮影現場にも訪れたという谷中は「歌詞はファッションや音楽を題材に、過去の文化を自由にミックス出来る今の世の中、そして昔に比べたらとっても便利な世の中で、実はあとはお互いに許しあうだけでとっても幸せな世の中に出来るんじゃないか?という可能性を謳ってます」とコメントを寄せている。タイトルなどは後日発表。

■谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)のコメント
撮影現場にお邪魔したとき、ミニマムなセットで繰り広げられる緻密なドタバタに、何だか抱き締めたくなるようなユーモアを感じました。そして、そのあとに自分に浮かんできた言葉が『許しあうならハッピー、憎みあうならゾンビー』でした。ハッピー?ゾンビー?人生楽しくいきたいですね!笑
CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。