桑田佳祐が大衆音楽語るNHK特番『ひとり紅白歌合戦』、サザン紅白密着も
拡大する(全1枚)
桑田佳祐 撮影:西槇太一
音楽番組『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」~昭和・平成、そして新たな時代へ~』が3月20日にNHK総合で放送される。

【もっと画像を見る(3枚)】

『ひとり紅白歌合戦』は、桑田佳祐(サザンオールスターズ)が昭和の歌謡曲やグループサウンズ、フォーク、ニューミュージック、平成のJ-POPなどを1人でカバーし、『紅白歌合戦』のパロディーを展開している企画。2008年から昨年まで、これまでに3回放送されており、これまでに約170曲をカバーしている。

今回は、桑田が『ひとり紅白歌合戦』の活動を通じて再発見した歌謡曲の魅力や先達たちへの思い、サザンオールスターズの知られざるエピソード、桑田自身の抱負を語ったインタビューを軸に、同番組の選りすぐり映像を放送。

さらに昨年にデビュー40周年を迎えたサザンオールスターズとして35年ぶりに出演した『第69回NHK紅白歌合戦』での北島三郎松任谷由実との共演について語られるほか、当日のサザンオールスターズに密着した映像も紹介される。