『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花
『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』ビジュアル
ドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』が、7月12日と7月13日にテレビ朝日系で放送される。

【もっと画像を見る(3枚)】

同作は、インカ帝国が「LINEマンガ」で連載中のサバイバルホラー『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』をドラマ化する作品。謎のウイルスによって人類が「ラッパーゾンビ」と化した世界を舞台に、行方不明になった兄を見つけるため、立ちはだかる強敵に挑む稲穂みのりと父の物語が展開される。LINEマンガではドラマ化を記念し、同作を20話まで期間限定で無料公開中。単行本第3巻が7月1日に刊行される予定だ。

主人公・稲穂みのり役を演じるのは小芝風花。ドラマ版では自身初のラップバトルに挑戦しているという。監督を豊島圭介、脚本を渡部亮平が務める。そのほかのキャストや主題歌などは、ドラマのオフィシャルTwitterアカウントで随時発表。

小芝はオファーを受けたときの心境について「“ラップでゾンビを倒す役”だと聞いたので、『えっ!? いったいどういうこと?』とビックリして…。すぐに原作コミックを読ませていただき、『こういうこと!』と納得しました(笑)。いままで“ゾンビもの”や“ラップもの”のドラマはありましたが、”つを融合させた作品は初めて! ものすごく面白そうだなと思って、とてもワクワクしています」とコメント。

原作者のインカ帝国は「自分の描いた漫画がドラマ化されると聞いて、なんだか夢のようでまるで現実味がなかったのですが、主演の小芝さんが主人公のみのりに扮した写真を見て、ようやく実感が湧いてきて嬉しくなりました。小芝さんのような素晴らしい女優さんに主役をやっていただけて、これまで漫画を描いてきて良かったと心から思いました」と喜びを語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

CINRA.NETの記事をもっと見る 2019年5月20日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。