大泉洋が劉備役 福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』来年公開

大泉洋が劉備役 福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』来年公開
大泉洋と福田雄一監督 ©2020「新解釈・三國志」製作委員会
福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』が2020年に全国東宝系で公開される。

【動画と画像を見る(2枚)】

福田雄一監督のオリジナル脚本となる同作。西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡る史実をまとめた書物『三国志』を、「福田流の新解釈」で実写映画化するという。

主演を務めるのは、福田監督の映画作品への参加は初となる大泉洋。「桃園の誓い」で関羽、張飛の2人と義兄弟の契りを結び、仁徳と義を重んじる「蜀」の武将・劉備玄徳役を演じる。プロデューサーは『キングダム』の北島直明と松橋真三。

発表とあわせて、福田監督と大泉洋が登場するコメント映像が公開。衣装を身に纏った大泉が「劉備玄徳です! 誰か何と言おうと!」と主張する姿をはじめ、福田監督が「僕、ファンなんですよね。大泉洋の。だから大泉洋が何言っても面白い!」と明かす様子、作品に関して「『新解釈・三國志』っていう企画はずっと昔から持っていたんですよ、やりたいなーって。ただ! 劉備玄徳を大泉さんがやらないんだったら、全然やる必要のないものだっていう感覚だったので、それはもう頑張りました」と語るシーン、大泉が「内心思うけどね、同じ中国を舞台にしてですよ、プロデューサー陣も同じだったらね、やっぱり『キングダム』出たかったですよ」と吐露する場面などが映し出されている。

またプロデューサー陣のコメントも公開。北島直明は「【三國志】を福田雄一監督の新解釈で映画にする…それだけでワクワクしませんか?そして、大泉洋さんが主演。『めちゃくちゃ観たい!』単純にそう思いました。映画【斉木楠雄のΨ難】の撮影現場で、監督からこの話を聞いた瞬間に製作すると決めました」、松橋真三は「大泉さんのスケジュールの調整がつくのを待つこと、早3年以上。ようやく、この傑作の撮影にたどりつくことができました。当初、福田監督からは『史上最少のスケール』というプランがありましたが衣裳、美術、アクション等々はげしく予算オーバーし、結果、派手なエンターテイメント作品に仕上がると思います」と語っている。

当時の記事を読む

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月5日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。