『嘘八百 京町ロワイヤル』主題歌はクレイジーケンバンド新曲 予告編も

『嘘八百 京町ロワイヤル』主題歌はクレイジーケンバンド新曲 予告編も
『嘘八百 京町ロワイヤル』ポスタービジュアル ©2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
映画『嘘八百 京町ロワイヤル』の主題歌が発表。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

【動画と画像を見る】

2020年1月31日にTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される同作は、昨年公開された『嘘八百』の続編。『百円の恋』の監督・武正晴と脚本家・足立紳が再びタッグを組み、今井雅子との共同脚本によるオリジナルストーリーを映画化した作品だ。古物商の則夫役に中井貴一、着物美人の志野役に広末涼子、陶芸家の佐輔役に佐々木蔵之介、有名古美術店主人役に加藤雅也、大御所鑑定家役に竜雷太、陶芸王子役に山田裕貴がキャスティング。

主題歌は、クレイジーケンバンドが書き下ろした新曲“門松”。横山剣は「意味はどうあれ、『骨董』『京都』『嘘八百』と聞いて直感的に浮かんだのが、映画とは全く関係のないイタリーのヴィンテージカーとその周辺でした。で、音楽的には派手でスウィンドルな匂いのビッグバンドジャズ風だったりしたのですが、パイロット版を見させて戴いたときに『ばっちりハマる!』って予感がありました」とコメントを寄せている。

“門松”を使用した予告編には、志野に対して「私に面倒見させてください」と告げる則夫の姿や、志野を見つめる佐輔の様子、有名古美術店主人や大御所鑑定家、陶芸王子の姿、テレビ番組を撮影する様子などが映し出されている。

ポスタービジュアルには「嘘が愛に転じて、福となる!?」というコピーや、古田織部の茶器を見つめる則夫と佐輔の姿、その後ろに佇む志野の姿が写し出されている。またそれぞれの登場人物の劇中写真が配置されている。

■横山剣(クレイジーケンバンド)のコメント
意味はどうあれ、「骨董」「京都」「嘘八百」と聞いて直感的に浮かんだのが、映画とは全く関係のないイタリーのヴィンテージカーとその周辺でした。で、音楽的には派手でスウィンドルな匂いのビッグバンドジャズ風だったりしたのですが、パイロット版を見させて戴いたときに「ばっちりハマる!」って予感がありました。で、実際に当ててみて僕は「イイネ!」ってなりましたけど、皆さまはいかがだったでしょう。心配です。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。