友川カズキのドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』2月公開

友川カズキのドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』2月公開
『どこへ出しても恥かしい人』 ©SHIMAFILMS
ドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』が2月1日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(10枚)】

同作は、ミュージシャン、画家、詩人として知られる友川カズキの2010年夏の記録を収めたドキュメンタリー。川崎の小さなアパートで暮らし、20年来、競輪にのめり込んでいる友川が、部屋のテレビの前、競輪場で車券を握りしめて叫ぶ姿や、近所の公園の噴水で水浴びをする様子、絵を描き、ライブで歌う場面などが映し出される。映画のために石塚俊明、永畑雅人らと共に車中で演奏したシーンも見どころのひとつとなる。

監督は岩手出身で大阪在住の佐々木育野。山小屋業務を収めた映像作品『或る山』は、『第2回恵比寿映像祭』に出品された。

今回の発表とあわせて、都築響一、佐々木育野監督のコメント、メインビジュアル、場面写真が公開された。

■都築響一のコメント
三上寛をはじめ、当時からいまも活動を続けるフォーク・シンガーは何人もいます。でも自分より40歳、50歳年下の若い層から寄せられる共感度、共振度においては、友川さんが抜きん出た存在でしょう。映像に捉えられたライブのフロアからも、友川さんを献身的に支えるスタッフたちを見てもそれが伝わってきます。
それは、おのれが抱える「ずれ」を世間に、時代にあわせることをしない、むしろ「ずれ」を糧に冷ややかな世界に立ち向かい続ける、その生の強度にだれしもが感応するからでしょうか。老いたもの、若すぎたもの、なにかを忘れ、失い、傷ついたものたちすべてにとっての止血剤として。

あわせて読みたい

CINRA.NETの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。