完璧にフルレストアされたテラコッタカラーのポルシェ356

完璧にフルレストアされたテラコッタカラーのポルシェ356
この記事は、アウトローという選択│抑えのきいた傑作ポルシェに乗る!前編の続きです。

こうして、簡単な再塗装の予定は、すべてをベアメタルに戻すフルレストアへと変更された。結局、少し手をかける必要があったのはドアの底面とシルの1箇所だけで、それ以外のボディシェルは完璧な状態だった。同様にメカニカル面もよい状態だった。「フロントに新しいショックを付けたけれど、それで全部さ」とフィルはにっこりする。取り付けたのはリアに備えられていたのと同じビルシュタイン製だ。
 
記録によると、1958年にこの356Aクーペがファクトリーを出た際には、魅力的なマイセンブルーだった。

「純粋主義者ならそれを選んだだろうね」とフィルはいう。だが、彼には別の考えがあった。「以前に所有していた1959年の356Aはエトナ・ブルーだった。マイセンブルーと似た色だ。またしてもペールブルーのポルシェを所有する気にはなれなかった。その時代の356の色見本を見てみたら、ターキッシュレッドが目に留まった。でも数日後にインターネットを見ていて偶然このテラコッタを見つけた。1955 年の色だから、このクルマのモデルイヤーじゃない。でも、私はこれが気に入ったよ。大事なのはそこだよ」
 
ボディシェルをベアメタルに戻すと、まず色を合わせたエポキシ樹脂プライマーを塗り、もう一度プライマーを塗布する。これを研磨したら圧膜タイプのサーフェイサーを施して最後の研磨を行い、さらにプライマーを重ねる。ここでようやくテラコッタで塗装し、最後にクリアコートを重ねて深い輝きを出した。

あわせて読みたい

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。