「羊の皮を着た狼」真っ赤なポルシェ911が秘めたスピードとパンチとは?

「羊の皮を着た狼」真っ赤なポルシェ911が秘めたスピードとパンチとは?
       
ロサンゼルスを拠点に活動するイギリス人のマグナス・ウォーカーは、ポルシェの世界でいま注目の人物だ。マグナスが〝ひねり〞を加えた1966年式911サンルーフモデルを紹介しよう。

ここ数年、その個性的なキャラクターでクラシックポルシェ界に旋風を巻き起こしているのがマグナス・ウォーカーだ。シェフィールド生まれのエンスージアストで、これまでに高品質のヴィンテージ911を何台も送り出してきた。マグナスのレストアはスポーティーさに重点を置き、公道でもサーキットでもアグレッシブな走りを楽しめるクルマを目指す。結果的に、危険な香りと獰猛なサウンドを放つクルマに仕上がるが、派手なホイールフレアなどは装着せず、外観はあくまでもさりげない。
 
紹介する1 台は典型的なマグナスのクルマとはひと味違う。この1966年911は、彼のほかのオモチャに比べればファクトリーを出たときの姿を留めている。とはいえ見た目に騙されてはいけない。こう見えて、ちょっとした"スリーパー"、つまり"羊の皮を着た狼"だ。大人しい外見の下に意外なスピードとパンチを秘めているのである。

「羊の皮を着た狼」真っ赤なポルシェ911が秘めたスピードとパンチとは?

 
マグナスは1964~73年までの911を5年かけて収集していた。従って、このクルマを購入するチャンスが訪れたら逃すはずはない。ヨーロッパ仕様の1966年式で、マッチングナンバーの興味深い1台だ。1965年12月20日に製造されたので、FIAのヒストリックイベントにも出走できる。発見されたときはかなりひどい状態だった。東海岸のペンシルベニアにあったのがひとつの要因だ。

当時の記事を読む

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ポルシェ」に関する記事

「ポルシェ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ポルシェ」の記事

次に読みたい「ポルシェ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。